« GA文庫『オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 2』 | トップページ | MF文庫J『僕は友達が少ない 1』 »

ガガガ文庫『ハヤテのごとく!SS ~超アンソロジー大作戦!!~』

ノベライズ版ハヤテの第4弾は、
作家さんも絵師さんもわんさか呼んでの短編集。

…だと思って読み始めたら、なんじゃこりゃあ!?

「1」を読み終わったら「2」へ、
「2」の最後の選択肢で「34」か「45」に分岐するとか、
アイテムを手に入れたら、アイテム欄に記載して管理とか、
ダイス2個で生命点を削りあう戦闘まで。

すなわち、ゲームブック。

懐かしすぎる…。

大枠は新井輝、築地俊彦、七月隆文、長野聖樹の各先生方が書いた、
短編4本で進みますが、そのうち選択肢でページが飛び始めてゲームブックパート。

出先で読むのは大変です。

そして、原作もかなりネタを自重しない方向ですが、
さらにさらに自重しない感じで、フリーダム。
ラノベもコミックも出版社の壁超えまくりだし、
ゲームのネタも対称年齢超えまくりですよ! いろんな意味で。

新井先生だと「ずっと俺のターン」、築地先生は「作家のプラモ事情」
七月先生が「人生になったエロゲ」、長野先生は「ぴぴるぴるぴる(ry」とか、
大爆笑してました。マジ酷い。

その自重しないネタが暴走した結果、かなりキャラがハッチャけていて、
もはやハヤテとは言えない気すらしますが、嫌いじゃないです。こういうの。

アンソロジーだもの。

それでは、また。


関連

ハヤテのごとく! 3

ハヤテのごとく! 2

ハヤテのごとく! 1

|

« GA文庫『オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 2』 | トップページ | MF文庫J『僕は友達が少ない 1』 »

05_一迅社・ガガガ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/46291215

この記事へのトラックバック一覧です: ガガガ文庫『ハヤテのごとく!SS ~超アンソロジー大作戦!!~』:

« GA文庫『オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 2』 | トップページ | MF文庫J『僕は友達が少ない 1』 »