« ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣 6.5』 | トップページ | エンターブレイン『ファミ通文庫プレミアム・ビジュアル・アンソロジー2009夏』 »

富士見ファンタジア文庫『ちょコワ、いかがでしょう?』

水城正太郎氏の久々、富士見刊。

タイトルの間抜けさに釣られたのですが、
読んでみたら意外とガチな怪談モノ。

というか…実話…だと……?

怪談収集をしていたら、怪談に巻き込まれて、
憑かれたり助けたりのスペクタクルなお話。

数ページで場面が変わる連投形式も珍しければ、
ホントのホントにガチな怪談話も珍しい。

女子高生アルバイト編集の時点で、フィクションのノリだとばかり…。

感想としては、実話としたら恐ろしすぎるが、
娯楽フィクションとしては微妙?

要は大事な大事なオチが無い! といった所なので。

都市伝説っぽいのや、学校の怪談っぽいもの、
そしてちゃんとした魔道に沿ったものといろんな怪談が、
一つの根っこにまとまっていく……というモンだと思っていたので、
陰謀だの実話だのというのが、「そりゃ無いわ…」と感じざるを得ない。

ホントにホントにホントなのだろうか?
こうまで断言されると、信じたいけれど。でもなぁ…。

それでは、また。


関連

ネコのおと

|

« ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣 6.5』 | トップページ | エンターブレイン『ファミ通文庫プレミアム・ビジュアル・アンソロジー2009夏』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/46305454

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『ちょコワ、いかがでしょう?』:

« ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣 6.5』 | トップページ | エンターブレイン『ファミ通文庫プレミアム・ビジュアル・アンソロジー2009夏』 »