« 9月からの買うべき新刊とかとか | トップページ | 角川スニーカー文庫『ミスマルカ興国物語 5』 »

電撃文庫『断章のグリム 11』

10巻に引き続き「いばら姫」の泡禍。
前後編の後編。

生き返る異端はこの際、どうでもいい。
傷口から広がるアレは…アレはホント無理です、勘弁してください……。

打開策が見つからず、立てこもってみたけど、
やっぱり侵入してきたよ! の続き。

まだラストバトルでもないし、被害は最小げ………

げぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーっっっ!?

と言う開幕で、さらに。

前巻ラストでの知らない誰かさんは、今巻のカラーページでさっくり正体判明。

ちょ、そんなの有りかぁぁぁぁぁぁぁぁい!?

という訳で、サクッと退場したかに見えたあの人らが登場。

意表つかれまくりで、かなり精神力を使い果たしている訳ですが、
蒼衣君と神狩屋さんの童話談義でちょっとだけのインターバルを置いた後、
お父さんが開眼しハッスルして以降、急転直下です。

ありとあらゆるいろんなモノが咲いちゃいまして、思い出すだに恐ろしい…。

解釈して終わりじゃなく、暴れて終わり。
突然ブッツリと切れたみたいな終わり方でしたけれど、
「クリック? クラック!」の文字が見えた時は、
ようやく終わったとホッとしました…。読むの疲れる…。

以下、ネタバレも込みでキャラ語り。

ここにきて勇路君を出すってことは、人魚姫ちゃんもまた出てきたりしますか?

瑞姫ちゃんに関しては…驚いたとしか言いようが無いけれど。
そして存在している事の理由は分かるけど、存在そのものが理解できない。
あれはいったいどういう状態なんだろう。

可南子さんもそうだけど。意外とフォローが厚くてびっくりした。
フォローと言っていいのかは微妙か?

雪乃さんのシャワーなシーンは、アレひょっとしてサービスシーンという奴か?
最後の告られもそうなんだけど、喜んでいいのか決断を迫られている。

この話で雪乃さん一人称の時はずーっと蒼衣君への嫉妬で占められていたけど、
甲田さんの話だけに、それが反転するのか、暴走するのかすごく微妙。

あ、そういや雪乃さんの命名者が渡瀬さんだったことは、大爆笑してました。

颯姫ちゃんは生死の境をあっさり越えそうで、ずっとビクビクしていたけれど、
今巻ではそれほどでもなかったので安心安全。

さり気なく「姫カット! 姫カット!」と心の中で拍手喝采だった莉緒さんは…、
それこそ某人魚姫さんのような感じで、もうちょっとフォローが欲しい所。

というわけで、この夏休みで終わりだそうですが、
夏休みの始まりから飛ばしまくり。分かっていたけれど。

それでは、また。


関連

断章のグリム 10

断章のグリム 9

断章のグリム 8

|

« 9月からの買うべき新刊とかとか | トップページ | 角川スニーカー文庫『ミスマルカ興国物語 5』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/46114394

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『断章のグリム 11』:

« 9月からの買うべき新刊とかとか | トップページ | 角川スニーカー文庫『ミスマルカ興国物語 5』 »