« GA文庫『這いよれ! ニャル子さん 2』 | トップページ | GA文庫『オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 2』 »

電撃文庫『偽りのドラグーン 1』

三上延氏の新シリーズ。いや、ファンタジーですよ。ファンタジー!
ダークバイオレッツからずっと現代ホラー?な感じだったのに……。

とはいえ、天空のアルカミレス的な超展開も有り得るので、
手に取ってみざるを得なかった。

しかも絵師さんが椎名優氏ということで、
久しぶりに椎名さんのドラゴンが見れるとか思えば!

機械文明が滅んでしばらく後、人類再興して中世欧州くらいなファンタジー世界。

そこで竜に庇護され、共に治安維持をする竜騎士を擁する群島連合と、
旧文明を復興し機械の竜で攻め入る帝国との戦争のお話…はちょびっとだけで、
竜騎士を目指す少年と、騎竜の少女のお話。

戦争そのものでなく、普通に学園モノという感じ。

学ぶのは竜騎士としての技術なんで、
それぞれのエモノを使った剣戟バトルもあるよ!

と「!」付けつつも、世界観だったり、落ちこぼれっぷりだったりは、
かなーり王道…というよりもむしろ有りがちなテンプレっぽくあり。

偽王子もそこまで背負い込むでもなく、「偽」の意味も分からず。
とても……普通です……。でもティアナが可愛いからいいか。

と思いつつ読んでいたのですが。

が。

が。

232ページ騙されたああああああああ!!!

お前が騙すのかよ!?
「偽り」ってそっちかYO!?

いや、絶対これ、このシーンを書きたかっただけだ!
やられたああああ!!!

と、突如テンション上がりまくり。パネェっす。

もしかしたら、先生に罵詈雑言を言わせたかっただけかとか、
姐さんと思わせて冷や水を浴びせたかっただけかとか、
そんな事を思っていたのですけれど、って、そっちもそっちでありそうなんですけど、
しかししかし。これは…酷い…w

微妙に主人公の大逆転っぷりのギミックは見えていたので、
そっちに揺らがなかった分だけ、その前のあのシーンがヤバかったです。
三上さんの漢気に惚れた。

それはそれとして、落ち着いて考えると、
これが有りなら竜と竜騎士の関係がかなり崩壊気味になる気がするんですが、
こまけぇことはいいか!

とりあえず、件の彼女さんと、特に嫌疑の晴れたわけではない姐さんと、
まだまだデレるのは先だと思っていたら意外と早くデレたティアナ様と、
実はひそかに期待していたのに、今巻では微妙に出番の無かったアネモネ嬢と、
フリだと思ってたら素であれっぽいマグノリア先生に期待。

もしくは、テンプレっぽい世界観で、怒涛の超展開をしてくれる事も、
もちろん期待していたり。

それでは、また。


関連

モーフィアスの教室 4

最後の鐘が鳴るとき

天空のアルカミレス 5

|

« GA文庫『這いよれ! ニャル子さん 2』 | トップページ | GA文庫『オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 2』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/46223829

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『偽りのドラグーン 1』:

« GA文庫『這いよれ! ニャル子さん 2』 | トップページ | GA文庫『オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 2』 »