« 富士見ファンタジア文庫『生徒会の六花』 | トップページ | ファミ通文庫『学校の階段 10』 »

MF文庫『剣の女王と烙印の仔 2』

黒杉井と見せかけて、意外と普通に杉井作品な
ファンタジー戦記(?)モノ。

2巻、意外と早かったですな。
他のシリーズにいろいろ動きがあったから、もっと先かと思ってました。

1巻ではなんだか凄い勢いで話が進んだモノですが、
その分、2巻はちょっと大人しめ? 本当にちょっとだけですが。

クリスの烙印(と出生)の秘密が明かされつつ、
シルヴィア王女がウジウジしてる所に頼れる相方が現れたり、
相変わらずクリスとミィナがお互いウジウジしていたり。

良くも悪くも「烙印」がトンデモギミック。

魔法も無い純粋な剣だけの戦争という世界では、
かなりのチートっぷり。精神汚染は反則です。

でも神々の名前まで出して、
「フハハ、これがフォボスの力だ…!」とかやられると、
なんだか厨二の血が騒ぎ出すというか、心躍る不思議!

まぁ、そっちはもうちょい宗教設定が狂信的じゃないと、
振り切れるほどテンション上がってくれないのですけども、
そっちの方向に行っちゃうと、真っ暗な世界から引き返せなくなるような…。

個人的には、ミィナのデレっぷりに期待を寄せているので、
あまり血生臭くなってもどうも。

ダークホースとしてジルベルトのデレっぷりにも期待を(ry
なんでジルベルトはフランチェスカ様にフラグを立てないで、
クリスにフラグ立てておるのん?

あと今回の新キャラ、ジュリオ君ですが、
裏主人公という事で大活躍かと思いきや、ちょっと肩透かし。
シルヴィア様を泣かすのは、良くないです。

逆にあの場面ではガリレウス卿が高ポイントではあるまいか。
この期に及んで情にもろいとか、今後、どういう役割になるのやら。

とりあえずは、分かり易い悪役がいるので良いんでしょうけど。
今度は防衛戦だ!

それでは、また。


関連

剣の女王と烙印の仔 1

神様のメモ帳 4

さくらファミリア! 3

|

« 富士見ファンタジア文庫『生徒会の六花』 | トップページ | ファミ通文庫『学校の階段 10』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/46007450

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫『剣の女王と烙印の仔 2』:

« 富士見ファンタジア文庫『生徒会の六花』 | トップページ | ファミ通文庫『学校の階段 10』 »