« 2009上期ラノサイ杯けっかはっぴょー | トップページ | MF文庫J『かぐや魔王式! 4』 »

電撃文庫『デュラララ!!×6』

アニメ化決定だそうで、おめでとうございますなシリーズ6冊目。

バッカーノとほとんど同じ手法でアニメが出来ちゃいそうなのが、また。
あれはあれで結構面白かったんだけども、二度ネタとなるとどうなるか。

6巻は5巻の続き。前後編の後編。

ブルースクエアに囲まれる帝人、粟楠組に追われる静雄、
杏里やセルティを狩り出そうとするヴァローナ、
ダラーズとTo羅丸の抗争の先はどこにつながっているのか。
…と言うところから。

よくもまぁ、これだけの登場人物を織り交ぜて、
話をまとめられるもんだと感心するのはいつもの事なんだけど、
今回は、粟楠組⇔静雄⇔茜 辺りの繋げ方がマジパなかったです。

茜ちゃんは結局どの程度壊れてるのか不明だったけれど、
やっぱり静雄×茜は良いねぇ。

人死が出てて、かなり熱くなっててハラハラさせられた粟楠組のオチが、
ちょっと微妙に温い様な気もしますが、そこら辺はうまーく、
また新しい人である青鬼さんと赤鬼さんが出張って、〆ていたので、
テンション上がる上がる。

作中人物の強弱に関しては、どの巻もまったく読めないぜ…。

何やらここに来て焦点が当たりだした帝人の葛藤については、
この話ではまだ終わる気配なし。というか次巻への引きになってました。
死ななかったのは僥倖だが、さらに業が深まってしまったなぁ。

肝心の臨也ですが、臨也の策略でいろんな勢力が潰しあってると見せかけて、
しかしそんな事無かったぜ!

臨也はなんだか満足げな顔してたけど、実のところまた蚊帳の外じゃね?
ヴァローナ共々、なんというオチ…。

と見せかけて! になる可能性に期待。

それでは、また。


関連

デュラララ!!×5

デュラララ!!×4

電撃学園RPG文庫

|

« 2009上期ラノサイ杯けっかはっぴょー | トップページ | MF文庫J『かぐや魔王式! 4』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/45901820

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『デュラララ!!×6』:

« 2009上期ラノサイ杯けっかはっぴょー | トップページ | MF文庫J『かぐや魔王式! 4』 »