« アンケート「お気に入りライトノベル(2009年上半期)」 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 2』 »

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 7』

7巻はホタルが結婚して、シーナが復活する話。
『二人は相思相愛』というタイトルがなかなかエグい。

表紙に新キャラきたー、と思ったらホタルというのが信じられない。
むしろ日奈かと思ってたくらいで。虹彩赤かったっけ?

ホタルと健一のこのセッティングも、
なんだか錦織さんのプロデュースな気がしてしまうけど、
よく考えるとまだ、そうじゃないはずなんですよね。
プロローグの所為か、都合のいいことは全て錦織プロデュースという発想に。

そんな錦織さんはやっぱりすごくて、窪塚家にいったい何を働きかけたのやら。
というかむしろ気になるのは、窪塚家はいったい何なのかという方か。
波奈さんが凄い人だったんだっけかな。

シーナ復活は普通に会話が弾んで、雰囲気がガラッと変わりますな。
相変わらず佳奈の思い込みはイラっときますが、日奈がフォローしてると、
ホントに可愛く思えてくるから困る。
波奈さんはさらにもう一枚上手ですけども。

後は狭霧ちゃんが何やら絡み始めたと思ったら、あっさり退場で拍子抜け。
八雲さんの心配通りになっても面白かったのに。
むしろサギリ・ロールの方が存在感あったかも。どんなケーキなんだ…。

しかしそんな本編より、プロローグの方が気になっちゃう。
未来の日奈佳奈とか、なんというネタバレ。

それでは、また。


関連

ROOM NO.1301 6

ROOM NO.1301しょーとすとーりー 1

ネコのおと

|

« アンケート「お気に入りライトノベル(2009年上半期)」 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 2』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/45664646

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 7』:

« アンケート「お気に入りライトノベル(2009年上半期)」 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 2』 »