« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 3』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 4』 »

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 9』

いよいよ初読で読める巻に到達。
ごめんねごめんね。積んでてごめんね。

9巻はスパリゾート再びと、綾さんと中華街訪問と、
シーナ&バケッツTVデビューと、
そして、ついに日奈の勝負の時です。

最後のイベントがビッグ過ぎて、いよいよ佳境かぁ…。
って、最後まで読んでしまうと、そればかりになってしまいますな。

いやもうこの引きは酷いですって。
これで次がしょーとすとーりーずとか、新井先生鬼畜過ぎっ!

前3巻ほどプロローグで日奈佳奈の話をしてるので、
大体の予想はつくにしても、でもねぇ…。

その前段階ではありますが、スパリゾートはいろいろ酷い。
さっきのとは別の意味で。

シーナの動転っぷりも酷ければ、下乳ネタの盛り上がりっぷりも大概酷い。
いい意味で。いい意味で。

中華街の話は、残り巻数を考えるに、
1巻あたり1人ずつ清算していくように見えてしまったり。

きもちいいことがいいことだという理屈は分からんでもないが、
前は気持ち良いだけなら本能であって「好き」とは違うみたいな話だったのが、
どうにも引っかかるのですが。

店主さんと会えないのが「縁を使い果たした」例のアレだとすると、
これは店主さんと誰が縁を使い果たした結果なのだろう。錦織さん?
それとも、健一なのかしら。

早苗さんと幹久が会えないのかと思ってたけど、
どうも健一が居る時だけみたいな話にも読めるし。
早苗さんと錦織さんは会えてるみたいだし。その辺はラストに明かされるのかしらん。

それでは、また。


関連

ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 3

ROOM NO.1301 8

ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 2

|

« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 3』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 4』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/45674703

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 9』:

« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 3』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 4』 »