« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 1』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 3』 »

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 2』

2巻は有馬さんとやっちゃう話。

あらすじとか詳しい感想は前のを見てね。

有馬さんは相変わらず可愛い上にエ□いなぁ。
読み直しだから相変わらずは当たり前だけども。

今回、自分の中で感激したのは、綾さんの八雲さんいじり。

この掛け合いはネタ自体は使い古されてるのに、ものすごく面白く感じた。
王道か。これが王道か。
ホントに初めてにしてはうまく出来ている。
あとがきの作者&キャラ対談もここからスタートか。
鈴璃の栄光はこれが最初の一歩だ。

あと、全体的に「正論」が多くてすごく気に入ってたという部分を認識した。
そうか、そういう雰囲気が好きだったのか。自分、理屈屋なんで。
まぁ、その正論もかなり理不尽に否定されたりもするけれど。

さて、次の巻は感想ちゃんと書くかなぁ…。ドラマCDとの違いとか。
いや、やっぱりそういうのは読みきってからにするべきか。

それでは、また。


関連

ネコのおと

|

« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 1』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 3』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/45587022

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 2』:

« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 1』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 3』 »