« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 2』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 3』 »

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 8』

8巻はシーナ&バケッツのメジャーデビューへの話と、
有馬さんのバイト先にお邪魔する話。

メジャーになる事が見え始めたときに、
シーナの願いと日奈の願いを勘案する健一が何気にカッコいいです。
2つを願いの方向性の違いがとても絶妙でスゴイという話なので、
カッコいいのは健一じゃなくて新井先生かもしれません。

ってか、前巻の『豪華なお風呂』があそこじゃないといけない理由ってのは、
つまり、今巻の佳奈ちゃんの胸の悩みに関わるからですか。
そんなに大事ですか、そうですか。

有馬さんの秘密のバイトは、かなりあっさりバレてて吹いたです。
いい加減、巻が進んできててもったいぶる余裕がないって事かしら。

しかし、早苗さんが良いキャラしてます。
頼り甲斐のあるお姉さんで、波奈さんにからかわれちゃう姪キャラで、
後輩を容赦なくこき使うSっ気もあって、バツイチで失敗経験も十分で、
しかも腐ってやがるときたもんだ。

早苗さん、健一、咲良ちゃん、波奈さんで話してたシーンが、
この巻で一番面白かったなぁ。

ただ、この人でもシーナの変装を見抜けなかったと言うのが、
さり気に驚きです。全く何にも気づいてない事という事もなさそうですが。
逆に言えば見抜いた有馬さんがどんだけー、と言う事ですが。

それでは、また。


関連

ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 2

ROOM NO.1301 7

ROOM NO.1301 6

|

« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 2』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 3』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/45671115

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 8』:

« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 2』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 3』 »