« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 3』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 5』 »

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 4』

4巻は前巻ラストでホタルはじまた! だったのが、冒頭で潰え、
弱った健一を綾さんや有馬さんが慰めるのかと思いきや、
シーナ登場でグイグイ引っ張られる話。

何度読んでも、両親登場の場面に戦慄する。
お父さんの対応がすごい。怒られるよりも辛いというのが良く分かる。
エ□ゲのやりすぎで感覚麻痺しがちな方にお勧め。

あとはシーナ登場回という事で、物語はまだ始まったばかりだ! なので、
楽しみ楽しみという以上の事はないかな。
今までシーナは単純に「男」に憧れて、演じてるだけという認識だったけど、
再読しててもしかして性同一障害なのかとも思った。
エピローグを見てると、結局良く分かんないが。

綾さんは一般人からの無理解を悩みの種にしているけど、今巻を見て、
無理解は相互に悪いのであって、綾さんにも肩入れ出来ないなぁ、と思った。
分からないのは仕方なくとも、分かろうともしてないだけじゃないかと。
そこら辺が綾さんの大人の階段なのか。

前巻で書き忘れたのでこっちに書いておくと『ハルナ』さんとやらは、
いったい、どういう伏線なのだろう。まったく覚えていなかったけれど。

それでは、また。


関連

ROOM NO.1301 3

ROOM NO.1301 2

ネコのおと

|

« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 3』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 5』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/45608252

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 4』:

« 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 3』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 5』 »