« 電撃文庫『レンタル・フルムーン 1』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 1』 »

MF文庫J『やってきたよ、ドルイドさん! 3』

ゆる百合コメディ。ケルトはどこいった。なシリーズ第3巻。

元々「ドルイド」という存在の地位向上を目指していたはずが、
作者的にその目的がどうでもよくなってしまった感がヒシヒシ。

すなわち、自重しない志瑞先生素敵!

パロディラッシュというか、もうなんか…吹っ切れたんですかね。
笑えると言うか、笑うしかない感じで。

●お局様がみてるっ!?
元ネタが大好きなのは如実に出ているけれど、
好きなのに、よりによって「お局様」とパロる度胸がアホすぎる。
「ツボーネ」はねぇよ!

メインテーマ(?)である「サイが乱れていてよ」はちょっと自重したほうが良い。
収拾つかなくなってるよ! 王道だから良いけど。

●素直になれない、バレンタイン!
オトーフの出落ちっぷりに盛大に吹いたのに、
ホントにただの出落ちでネタが回収されないことに絶望した!

誰かツッコむもんだと思ってたのに!
シャレ子かワールか、なんか反応しろよ!

しかしチョコフォンデュ派が存在意義的にかわいそ過ぎる。
でも、学生のころにこういうのがあったら是非入りたい。すごい楽しそうだ。

あと、耳尻尾付きシャレイリアは是非イラスト化して欲しかった。残念!

●南海の大決闘だよ、ドルイドさん!
なんで臨海学校で水着回のはずが、大エビと死闘繰り広げる展開なんだよ!
と突っ込んだら多分、負けな話。

他にも「食べればあらゆる言語が話せるようになる秘伝のコンニャク」とか、
「かゆ、うま」とか、突っ込んだら負けな部分が多すぎる。

何気にゲイボルグがケルト神話由来だという話が聞けたのが、個人的に大収穫。
ロマサガ2で知って以来だからなぁ。ロンギヌスが有名すぎるんだよな。

●シャレイリアのパパがやってきた!?
夏穂が三つ指ついて、不束者ですが…みたいな話かと思ったら全然違った。

まさかラスボスになるとは。ラスボスになるとしても、よもや変身するとは。
変身するにしても、スカウタ……いや、眼鏡が割れるほどの戦闘力とは。

パパよりも須田よりも法香さんよりもアリアよりも夏穂よりも、
なにより誰よりチキン四天王がカッコ良かったよ!
いやー、頼れるニワトリは格が違うぜ。

良い感じに落として、このまま終わってもまだ続いてもいいような感じなのは、
大人の事情な気がする。
これはこれで面白いのだけど。
デビュー作は卒業して、そろそろ他の話も読みたいとは思う。

それでは、また。


関連

やってきたよ、ドルイドさん! 2

やってきたよ、ドルイドさん! 1

まりあ†ほりっくアンソロジー

|

« 電撃文庫『レンタル・フルムーン 1』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 1』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/45575460

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『やってきたよ、ドルイドさん! 3』:

« 電撃文庫『レンタル・フルムーン 1』 | トップページ | 富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 1』 »