« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の25件の記事

角川スニーカー文庫『時載りリンネ! 5』

時載りというファンタジー要素をまぶしつつも、
小学生の少年少女のワクワクどきどき冒険物語をやってくれる、
児童文学風小説。

相変わらずさり気ないイベントのさり気なさ加減がすごい。

続きを読む "角川スニーカー文庫『時載りリンネ! 5』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『とある魔術の禁書目録 18』

前巻に引き続きの英国王室編完結巻です。

しかし20冊って。20冊って。
追っているとあっという間ですが、気がつけば超長編。
終わる気配は見せ始めましたが、相変わらずの熱血っぷり。

続きを読む "電撃文庫『とある魔術の禁書目録 18』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『白山さんと黒い鞄 2』

うっしゃー! 2巻出たー!
何の気なしに手に取ったら大好きになったシリーズ。
09年上半期でも屈指のお気に入り。2巻が出てくれました。

そして2巻も期待通り!
相変わらず、真っ白な髪の、儚げな女の子が、泣いたり笑ったり、
キョドったりテンパったりします。

続きを読む "電撃文庫『白山さんと黒い鞄 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 11』

シリーズ完結。
あるはずのない13階からのそれぞれの卒業。

お別れ自体は予定調和だけれど「如何に卒業していく」か。
残るは有馬さん、刻也君、そして健一。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 11』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 10』

紛う事なき締め。別れの始まり。
シーナとのお別れ、綾さんの自立、八雲さんとの触れ合いも増して、
そして有馬さんとも。

……千夜子ちゃん、立場無いなぁ。そりゃあの世にも行くわ。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 10』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 4』

本編を補完するお話ではあるのだけど、
複雑な人物相関図をさらに混沌とさせる元凶でもある。
今巻は短めに5編収録。

あれ? あの人と知り合いですか? ばかりだが、
分かるようになるとやっぱり面白いなー。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 4』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 9』

いよいよ初読で読める巻に到達。
ごめんねごめんね。積んでてごめんね。

9巻はスパリゾート再びと、綾さんと中華街訪問と、
シーナ&バケッツTVデビューと、
そして、ついに日奈の勝負の時です。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 9』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 3』

SS2から相変わらず。
本編がシリアス路線でいろいろと仕込む余地が無いっぽいので、
こっちで補完と言うことですな。

短編だとさすがにポイントが絞れるからか、
以前読んだ時の感想と波長が合うので、感想また書かなくても…
という気になるのだが、まぁ、いっか。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 3』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 8』

8巻はシーナ&バケッツのメジャーデビューへの話と、
有馬さんのバイト先にお邪魔する話。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 8』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 2』

ROOM NO.1301シリーズもこの辺で折り返しですかね。
短編2巻。懐かしきファンタジアバトルロイヤルに掲載されてたものなので、
素敵にキャッチー。すなわちエ□解禁。

まぁ、今や富士見ミステリー文庫すらが懐かしい勢いですが。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 7』

7巻はホタルが結婚して、シーナが復活する話。
『二人は相思相愛』というタイトルがなかなかエグい。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 7』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンケート「お気に入りライトノベル(2009年上半期)」

毎月どころか毎日見に行ってるラノベの杜さんで半年ごとにやってるアンケート。
7/18締め切りなので、急いでやってきました。

2009年1月~2009年6月で個別の書籍に1~3ポイント合計5ポイントの割振り制。
イチオシ!で3ポイントとか付けたいには付けたいんですが、
そうすると3作品とか2作品になっちゃう訳で、うん、それ、無理☆

ってーわけで、1ポイントずつ5作品を選んでみるわけですが、
それでも厳しかったり。

続きを読む "アンケート「お気に入りライトノベル(2009年上半期)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 6』

6巻はシーナが酔っ払って佳奈が怒って、
鍵原とイチャイチャしてたらホタルから携帯が届く話。

今巻もまたエ□は自重。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 6』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 1』

5巻まで、住人さんが出揃ったところで短編集。
綾さんの裏人格が発露したり、4巻5巻でスルーされてたホタルの話だったり、
ついに表(?)舞台に現れる鈴璃さんだったり。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301しょーとすとーりーず 1』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 5』

5巻はシーナ&バケッツのライブを頑張ったり、
千夜子ちゃんと(何故か鍵原と)夏祭りに行ってみたり、
錦織さんがとんでもなく駄目な人だと判明したりする話。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 5』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 4』

4巻は前巻ラストでホタルはじまた! だったのが、冒頭で潰え、
弱った健一を綾さんや有馬さんが慰めるのかと思いきや、
シーナ登場でグイグイ引っ張られる話。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 4』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 3』

3巻は綾さんが痴漢にあって、千夜子ちゃんと海に行って、
いろいろあったのに、お姉さんが何もかも持って行っちゃう話。

ドラマCDでは上下巻になるほどの「るーむ」シリーズ最厚巻。
富士ミスだと350ページ超えるとずっしり来る。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 3』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 2』

2巻は有馬さんとやっちゃう話。

あらすじとか詳しい感想は前のを見てね。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 1』

シリーズ完結しているのに積んでるとかもうね。
と言う訳で、3度目の正直で今度こそイッキ読みしちゃろうと。

あらすじとか詳しい感想は前のを見てね。

続きを読む "富士見ミステリー文庫『ROOM NO.1301 1』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MF文庫J『やってきたよ、ドルイドさん! 3』

ゆる百合コメディ。ケルトはどこいった。なシリーズ第3巻。

元々「ドルイド」という存在の地位向上を目指していたはずが、
作者的にその目的がどうでもよくなってしまった感がヒシヒシ。

すなわち、自重しない志瑞先生素敵!

続きを読む "MF文庫J『やってきたよ、ドルイドさん! 3』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『レンタル・フルムーン 1』

去年の電撃小説賞で銀賞を取った瀬那和章氏の第2シリーズ。
ガチ鬱というので敬遠していた『under』とはうって変わって、
ファンタジックラブコメだそうで。

某所でシュールコメディと評されていたのに釣られて、
どうしても我慢できなくなりまして。

続きを読む "電撃文庫『レンタル・フルムーン 1』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講談社『アニメ化物語オフィシャルガイドブック』

うわさは聞いていたけれど特に買うつもりは無かったので、
書店で見かけて内容も分からず、箱を持ちながら5分ほど迷い、
しかし堪えきれずに買ってしまった…。

書き下ろし短編小説と聞いちゃなー。

そんなアニメの設定画集+製作者インタビューなどなど。

続きを読む "講談社『アニメ化物語オフィシャルガイドブック』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講談社BOX『偽物語 下』

アニメ開始おめでとー、な西尾維新の趣味シリーズ。
ウチじゃ見れないけどな!

チラホラとそっちの感想が出来ましたが、
どうしたら良いものやら…。

続きを読む "講談社BOX『偽物語 下』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

7月からの新刊買い物メモ

もう今年が半分終わってしまったなんて…。

続きを読む "7月からの新刊買い物メモ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講談社BOX『偽物語 上』

アニメ化決定おめでとー、な西尾維新の趣味シリーズ。
…9ヶ月前なので。

上下巻そろってからいっぺんに読もうと思い積んでましたが、
普通にこの巻だけで話はまとまってた…。

こんな事なら、もっと早く読んでおけば…!

続きを読む "講談社BOX『偽物語 上』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »