« ファミ通文庫『魔王城 2』 | トップページ | 一迅社文庫『文芸部発マイソロジー』 »

電撃文庫『ラプンツェルの翼 2』

新たなあとがきネタ神作家としての地位を確立しつつある土橋氏。

まさかシリーズになるとは思ってなかったラプンツェルの2巻です。
3シリーズ目も相変わらずの土橋テイスト。

バトルロイヤル後、唐突に奈々が攫われて再びの天使昇格試験。

今回はかなり分かりやすくヒトの心を抉るタイプの試験が3つ。
どう深読みすれば良いのか、段々分かってきた感じがします。
土橋作品皆読んできてるんだから、もうちょっと早く気付くべき?

そんな王道ストーリー仕立てで目的を煙に巻くゲームも土橋テイストですが、
もう一方で淡白なドラマ性が土橋作品たらしめていて、これも好き。

なんだかんだで遼一はイチャイチャしてるから、
普通にベタベタの恋愛モノもいけるんだろうに、あえて淡白な雰囲気。

モテ主人公はよくあるパターンだけど、そのフラクラっぷりが淡白。
後一歩で萌え転がったり出来無い寸止めが好き。
今回で言えば、全員下着姿で登場した割に特に何も無かったりとか、
遼一のジェシカフラグ粉砕っぷり全般とか。

でも、人を選ぶだろうから、誰にお勧めもしづらかったり。
ホント、変な地位を確立しつつあるなぁ。

ただ、ラストで鬱にならなくて済むのは助かる。
サクサク殺して、ギリギリまで追い詰めに追い詰める鬼畜っぷりも良いけれど、
最後の最後までそれだと、ホントに飛びたくなるので。

いや、最後の最後はあとがきだから、いずれにしろ大丈夫なのか?

そんな白土橋のおかげで、続いても続かなくてもおかしくない終わりなのは、
編集部的にまず間違いなく確信犯だと思うけど、次はどうなるやら。

あと、たまにはツァラトゥストラも思い出してあげてください。
そして関係ないけど、作中で「扉の外」って書かれるとドキッとする。

それでは、また。


関連

ラプンツェルの翼 1

ツァラトゥストラへの階段 3

扉の外 3

|

« ファミ通文庫『魔王城 2』 | トップページ | 一迅社文庫『文芸部発マイソロジー』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/45395369

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『ラプンツェルの翼 2』:

« ファミ通文庫『魔王城 2』 | トップページ | 一迅社文庫『文芸部発マイソロジー』 »