« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の19件の記事

富士見ファンタジア文庫『白夢(スノーミスト) 1』

瀬尾つかさ氏の新シリーズ。
LOVE寄せも百合展開もなんのそので熱血展開を貫いた『クジラのソラ』から、
結構経ちますが…ついに始動という事で。

学園モノで襲い来る化け物を超能力で倒すような、
学園異能かと思ったら、普通に学園ファンタジーという感じ。

タイトルとあらすじで誤魔化されがちですが、これは熱血バトルです。
霧の向こうに何がいるか分からない、そんなビクビクサスペンスではありません。

続きを読む "富士見ファンタジア文庫『白夢(スノーミスト) 1』"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

電撃文庫『シニガミノバラッド。アンノウンスターズ。 2』

もう一つの死神A100100号さんのお話。
電撃文庫MAGAZINE掲載分+αです。
文庫オンリーバージョンって書かれると、なんかカッコ良いな!

1巻で意味あり気な登場人物だったキキ&レスターが、
(案外あっさりと)正体を現す第二巻でござい。

続きを読む "電撃文庫『シニガミノバラッド。アンノウンスターズ。 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ファンタジア文庫『花守の竜の叙情詩』

『紅牙のルビーウルフ』でデビューした淡路帆希氏の新刊。

前シリーズは魔法もあって、富士見ど真ん中だったですけど、
今回は魔法は無し。

しかも初っ端いきなり霊廟で王族皆殺しちゃうような、
やや黒い中世ファンタジー。

続きを読む "富士見ファンタジア文庫『花守の竜の叙情詩』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『学園キノ 3』

ここまで作者がノリノリだと、出ないはずはないんだろうなぁ、
と思う一方、内容からしてどうしてこれが出版されるのか不思議で仕方ない。

そんな「キノの旅」とは全く関係ない問題作。3冊目。
似てるんじゃない。オマージュです!

続きを読む "電撃文庫『学園キノ 3』"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

角川スニーカー文庫『サクラダリセット』

誰もが何かの能力を持ってる街、咲良田。

そこで繰り広げられる異能バトル……じゃなくて、
能力を使ってちょっと良いことをする程度の、穏やかのんびりサスペンス。
…サスペンス?

あ、はい、椎名優氏に釣られましたが、それがなにか?

続きを読む "角川スニーカー文庫『サクラダリセット』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫MAGAZINE Vol.8

よくよく見たらこの表紙ってかなり購入を躊躇う類のものじゃあるまいか。

下着? …じゃないのか、一応水着なのか。

買うときは全く気にしてなかったのに、
何を今さらという気もするが。

続きを読む "電撃文庫MAGAZINE Vol.8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集英社『AURORA GEM』

山本ヤマト氏の初イラスト集だそうで。
紅のコミックを機に集英社から出版。

電波的な彼女と紅がメインだけど、他出版社のお仕事もわさわさ。

続きを読む "集英社『AURORA GEM』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一迅社文庫『文芸部発マイソロジー』

タイトルと表紙がなんとなく地味目だからか、
その存在を意識してはいなかったのだけど、幾つか感想を見て決意。

スーパー中二タイム邪眼ノートと聞いちゃ黙ってられねぇ。

続きを読む "一迅社文庫『文芸部発マイソロジー』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『ラプンツェルの翼 2』

新たなあとがきネタ神作家としての地位を確立しつつある土橋氏。

まさかシリーズになるとは思ってなかったラプンツェルの2巻です。
3シリーズ目も相変わらずの土橋テイスト。

続きを読む "電撃文庫『ラプンツェルの翼 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファミ通文庫『魔王城 2』

世界を滅ぼすほどの魔力を持って生まれてしまった子供達に、
力の使い方とか一般常識を教える学園モノ。

…というには、子供の年齢低いですけど。

続きを読む "ファミ通文庫『魔王城 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『ウィザーズ・ブレイン 7下』

世界を滅亡に導く大気制御衛星の暴走という、
このシリーズの根幹を紐解く過去編。

アルフレッド・ウィッテンに関わる登場人物、
真昼、ヘイズ、ファンメイ、サクラがしんみりしんみり。

続きを読む "電撃文庫『ウィザーズ・ブレイン 7下』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『ウィザーズ・ブレイン 7中』

滅亡を前にしたシティ同士(ry、情報制御理論による(ry、
事情を抱えたアイツとこいつが(ry、
皆で惚れ込むと良いよ!

一刻も早く下巻を読まねばならなくなったので、手抜き。

続きを読む "電撃文庫『ウィザーズ・ブレイン 7中』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『ウィザーズ・ブレイン 7上』

滅亡を前にしたシティ同士の駆け引きとか、
情報制御理論による魔法士同士のバトルとか、
事情を抱えたアイツとこいつがイチャイチャしてる様に、
皆で惚れ込むと良いよ!

7つ目のエピソードも上中下の3巻構成。

続きを読む "電撃文庫『ウィザーズ・ブレイン 7上』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクウェア・エニックス・ノベルズ『犬憑きさん 下』

ガンガンONLINEの掲載作品。
これから他の作品も続々単行本になるみたいで、ありがたいことです。

表紙に騙されてのんびり系かと思ったら、ガチ呪いのお話。
…と思ったら、呪いじゃなくて催眠術? な下巻。

続きを読む "スクウェア・エニックス・ノベルズ『犬憑きさん 下』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファミ通文庫『魔王城 1』

『ガーゴイル』でアットホームばりばり書いていた田口仙年堂氏が、
すげぇを引っさげてきたと聞いて、飛んできました。

ガーゴイルでもそれなりにそれなりな事は書いてたので、
違和感って事は無いんですけど、見てみたいじゃないですか。

続きを読む "ファミ通文庫『魔王城 1』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MF文庫J『かぐや魔王式! 3』

MFらしいラブコメになって参りました。

3巻は新キャラ投入しーの、3人娘も脱いでアピールしーので、
盛り上がってきた、かも。

しかし、月見先生はスク水好きだな! まだ引っ張るのか。

続きを読む "MF文庫J『かぐや魔王式! 3』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MF文庫J『かぐや魔王式! 2』

今巻から本格的にドラバタラブコメはっじまっるよー!

ハルヒに似てるのは1巻まで。
…かどうかは知らないですが、2巻は男1女3でのラブコメと相成りました。
シリアスほぼ無しで、イベント盛りだくさん。

続きを読む "MF文庫J『かぐや魔王式! 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MF文庫J『かぐや魔王式! 1』

MFの第一回小説賞からデビューの中堅作家、月見草平先生。
「つきみぐさ」までを性として読んでしまう不思議。
(つきみ、そうへい、先生です)

某ハルヒに似ておる、と一部で騒がれていたのを聞きつけ、
釣られてみたくなったので、手に取った次第。

そして、みみっく作家総なめ計画の第一弾、かもしれない。

続きを読む "MF文庫J『かぐや魔王式! 1』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『電波女と青春男 2』

電波は電波でも電波違いで、でもやっぱり入間人間節のお話。
すっぱりきっぱり単巻で綺麗に終わったかと思ったら2巻登場。

しかも、電撃文庫MAGAZINEに載ってる短編でもないという。

続きを読む "電撃文庫『電波女と青春男 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »