« MF文庫J『ねくろま∞。』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 2』 »

富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 1』

鏡貴也氏の新シリーズ。って、もう半年ほど前ですけど。
伝勇伝は今さら手を出せなさそうなので、
こっちに手を出してみました。

『ばけらの!』でのビビりっぷりに萌えたので。

素で魔術アリアリなところが富士見らしい学園ファンタジー。
「リバース」は意味分からんですな。
何が裏返るのかと、ちょっと期待していただけに。

最古の魔術師に不死を与えられつつ、
すっかり忘れて平凡な暮らしをしていた男子学生が、
トラックに轢かれていろいろ思い出して(中略)イチャイチャしてました。

オーソドックスな非日常展開で、とりあえずそれだけと言う感じ。

2巻のあとがきを見るに、どうも主人公である大兎が、
突然、異常に放り込まれてあたふたするのを主眼に1巻が書かれてるそうで、
その唐突展開はまぁ良いんですが、実に訳が分からんです。

敵かと思ったらツンデレだったし、ラスボスかと思ったらやられちゃったし、
今後の展開が読めない。
別次元からの訪問者を、生徒会でやっつけていく展開になるんだろうか。
話の方向性は2巻で要確認。

キャラクター達はこれまたまだテンプレな感じですが、
とりあえずは、美雷が一番騒がしく動いてて、可愛かったのでそっちに期待。
ヒメアはデレデレっぷりな雰囲気は良いですが、まだこれからと言う感じで。
幼馴染みちゃんはいきなり立場が無くなってしまって、これはどうなるやら。

ってか、野郎共があまりにもヘボいのでちょっとテコ入れを期待
大兎はどうしようもなさそうだけど、せめてゲッコーをなんとか。
しかし、大兎は「呪い無効化」みたいな、そんな能力が出そうだなぁ…。
そこまでテンプレだとちょっとなぁ。

あと「黒ウサギ」が出てこないのが不満。
榎宮さんがウサギっ娘を描くとタイトルから勝手に類推していたんですが、
まさか違うのだろうか? おかしいな?

それでは、また。

|

« MF文庫J『ねくろま∞。』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 2』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/45044631

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 1』:

« MF文庫J『ねくろま∞。』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 2』 »