« 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 1』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 3』 »

富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 2』

てっきりこれが2シリーズ目かと思ってたので、
『エル・ウィン』を出されて目からウロコ。

あれって、結構続いてたんですねぇ…。

という訳で、鏡貴也氏の3シリーズ目。第二巻。

6回までなら死んでも復活。死ななくても復活する主人公が、
ギリギリまで死んでみせて最後にバーンと大逆転する話。

…になるんだと思う。いつか。

すっかり生徒会の一員となった大兎とヒメアが、
文句を言いつつも異次元からの招かれざる客をやっつけたりする日常?に、
突然、「天魔」やら「バールスクラ」やらが襲い来る話。

面白い半分、びみょん半分という感じ。

前巻に引き続き、ラスボスのオンパレードやー!
という超っぱや展開は良いのです。
単語も幾つか出て来て、物語の方向も見え始めましたし。

が、しかし。

主人公、大兎が情けなさ過ぎる…。

蛇との戦いにしても、バールスクラとの邂逅にしても、
もう一人の誰かさんとの対峙にしても。

あっと言う間に死ぬわ、一矢報いる事も出来無いわ、
最後はヒメアに助けてもらうわ。

前回はそれでも自爆技みたいな使い方で「死」につつ、攻撃してたのに。
それすらないですからな今回。

ってか、雨に打たれて死ぬってもう某スペ○ンカー先生を思い出してしまったですよ。
そういう雨だってのは分かるにしても。

あとは作中の一言「もう女の子をもてあそぶのやめて」
まったくその通りです。ヒメアと遥が可哀想過ぎます…。

これは早急に、活躍が必要です。こういうヘタレさは駄目だ。

もう一方の月光と美雷は良かったです。
月光の天才鈍感キャラと、美雷のバカキャラが非常にバカです。

こっちは愛されてるなぁって思いました。大好きです。
いつかバトルで美雷が活躍出来れば良いなぁ、と願って止みません。
月光もすっかり主人公気取りです。良いぞもっとやれ。

まぁ、一番幸せになってほしいのは遥なんですけどね。
次巻、表紙飾ってるので何かするのかしら?

それでは、また。


関連

いつか天魔の黒ウサギ 1

|

« 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 1』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 3』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/45062079

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 2』:

« 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 1』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 3』 »