« 電撃文庫『狼と香辛料 11』 | トップページ | 電撃文庫『電波女と青春男 2』 »

一迅社文庫『女帝・龍凰院麟音の初恋 3』

ジョルジュ師匠を旗印に、実践ネット用語辞典。

もとい。ドタバタラブコメディ、3巻。
急展開もテンプレのうち。

ってか、提供にジョルジュ氏を含めるのは良いが、
ドラえ○んの名を出すなどと、神をも恐れぬ所業…!

ウブな麟音は言うに及ばず、美麗さんをも虜にしつつ、
月見里悠太の快進撃は続きます。

元婚約者の天王寺翔が現われ、スポーツも勉強も、
おっぱい談議でさえも、後塵を拝し、
さらに過去の浮気が発覚し、ついに麟音と喧嘩別れする、
というのが今巻のメインイベント。

でも喧嘩ついでに、美麗さんと仲良くなってプールに行ってみたり、
屋上でお弁当を食べてみたり、体育祭で二人三脚してみたりと、
美麗ルートを満喫する悠太は、実に許せない。

麟音の頭のゆるさも、美麗さんのウブさも、
恐ろしくあざといのだけど、でもときめいちゃう。くやしいっ!

なので、その辺のモヤモヤは悠太が酷い目に遭うところで、
辻褄を合わせないといけないのです。

今巻は天王寺翔が予想以上に下衆だったので、
そっちで溜飲を下しましたが、しかし美麗さんを弄んでいる事には変わりなく、
悠太にはそろそろ「死ぬか選ぶか」覚悟を決めてもらいたい。

ただ、今巻ラストの引きで、もう一人どこの馬の骨が出て来てましたので、
これはもう死ぬしかないかもしらんね。

あと前巻、やたらと不遇だったウサミさんは、
今巻もまぁ、報われてはいないんですけれど、やたらと楽しそうで吹いた。

♪も~めろよ、もめろ~よ~ ♪修羅場だ、も~め~ろ~

それで幸せなら、もう何もいう事は無いさ。

ところで、あとがきの続きはどこをクリックすれば良いんですか?

それでは、また。


関連

女帝・龍鳳院麟音の初恋 2

女帝・龍鳳院麟音の初恋 1

H+P―ひめぱら― 3

|

« 電撃文庫『狼と香辛料 11』 | トップページ | 電撃文庫『電波女と青春男 2』 »

05_一迅社・ガガガ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/45195520

この記事へのトラックバック一覧です: 一迅社文庫『女帝・龍凰院麟音の初恋 3』:

« 電撃文庫『狼と香辛料 11』 | トップページ | 電撃文庫『電波女と青春男 2』 »