« スクウェア・エニックス・ノベルズ『犬憑きさん 上』 | トップページ | MF文庫J『ぷいぷい11!』 »

第8回ライトノベル・フェスティバル初体験レポート

作家さんに作品の成り立ち、思い入れ、裏話などを聞いてみようという
よく訓練されたラノベっ子が集うイベントに参加してきました。

今までは夏と冬のお祭りの日発行のイベントレポを見る程度だったのですが、
いい加減、自分もそれなりに訓練されておるのではないかと思い、初参加です。

その辺の興味深い内容に関しては、めっちゃメモってた人もいたし、
主催が夏コミでイベントレポを書いてくれるはずなので、そっちを見てもらうとして、
これよりは単に感想と言う事で。

10時に開場だったので、8時半くらいに家を出ようかと思って、
帰省前からワクテカしていたのですけれど、
前日(?)午前3時までシャウトしていた関係で朝6時に帰宅して、
これはもう寝たら起きられないと判断し、机に突っ伏して寝てみるも、
やっぱり寝過ごし9時出発。

ただ、10時ちょい過ぎ受付、思ったより早く開場に辿り付けました。

会場入り口がライトノベルの絵師さんイラストが目印だったのですが、
見慣れすぎて、とても反応しやすかったです。

開始の挨拶が10時半からだったので、
それまで会場に来てたサークルさんの頒布物を見学。

LNFの過去会報とか、某大学の文芸誌とか、
噂に名高い「らのさい!」とか「みみっく!」などなど。

去年秋にやった杉井光さんのイベントレポと、今回のイラスト集をば買いまして、
あとは見ーてーるーだーけー。

やっぱりサークル同士で挨拶とかされてて、入り難いのですよ…。
輪の中に入れれば、すごい楽しそうですけどね。

●10時半 開始の挨拶
司会の方は当然のようにコスプレしてました。
『聖剣の鍛冶師』のセシリーさんと、『SH@PPLE』の舞姫雪国。
今回のゲストさんに合わせてでしょうね。

LNF実行委員長(と受付の人)はエプロンに半額シール吐けてて、
何のネタなんだろうな? と思ってたんですが、
挨拶終わった辺りでようやく『ベン・トー』だと気付いたです。半額神。

●11時 アサウラテイスト
集英社スーパーダッシュ文庫で活躍中のアサウラ先生のお話。

アサウラ先生、ガタイの良い兄ちゃんでした。
「サバゲー」という属性がめちゃくちゃ似合って(?)ました。

大学で暇だったからパッと書いたら、何故か受賞してしまった、という話に、
成田良悟先生を思い出しました。

作品についてあまり語りたがらないところとか、
人物の背景を無駄に作り込みまくるところとか、
銃を持たせると非常に危険な雰囲気になりそうなところとか、
ゲームな知識がやたら多いところとか、
共通点が多いような気がしてきました。どうでしょう。

作品に関しては大別して、紅花&バニラの話と弁当の話。

紅花&バニラでは、銃オタ魂は捨ててないぞという意気込みと、
最近のブームは装甲車だとかそんな話をしてました。

銃オタの話は読めば大体の人が理解できるモノなので、
想像の範囲内なんですが、装甲車出したいという話はなかなか鮮烈でした。

女子高生がライフル持ってる『バニラ』も相当非日常テイストでしたが、
装甲車はそうそう現代日本では出せまいに…。

今日集っていたのはどうしたって「よく訓練されたラノベっ子」なので、
そういうアサウラ先生もとても楽しみですな発言が散見してましたが、
こればっかりは売り上げ次第でしょうしねぇ。

『ベン・トー』側で印象的だったのは、
題材となってる弁当のチョイスが「その時、食べたい物」だと言ってた事。

飢えているからこその、あの食べ物描写なのか…。
リアルだ…リアルすぎる…。

企画終わった後、会場内でものすごく珍しい
「中学生か高校生か微妙なおにゃのこ二人」がアサウラさんのとこに駆けつけて、
サイン貰っていました。アサウラさんが超嬉しそうでした。

その後もサイン欲しい人の列が結構出来てましたし。

●12:20 突発企画 LNF臨時お茶会
お昼ご飯を買って会場に戻って来たら、何やら中央に人だかり。

会場内に来ていた臨時ゲスト作家さん達で、
談話が催されていたのでした。ぎゃーす。

中里融司先生+MF文庫Jな作家さん方。

一番驚いたのは志瑞裕先生、超若ぇ!
高校生なんだっけ? とか思いましたけど、そんなことないですよね。
いやー、居るんだなぁ…見紛う程に年齢が分からない人って…。

今後の目標は? が、一同そろって「生き残る事」になったのは笑った。
世知辛い世の中だなぁ。

●13時 sweet&battle ~竹岡葉月を味わおう~
コバルト、ファミ通、富士見ファンタジアで活躍する竹岡葉月先生のお話。

コバルトでもかなりの数出してたんですね…。全然知らなかった…。
ファミ通文庫のもタイトルは知ってたのですが、竹岡葉月先生著とは知らず。
不勉強を恥じるばかり。

少コミに大きく感化されて小説家になったとの事で、
コバルトデビューだったのだそうです。
90’白泉社な話はさすがに着いていけない…。
猛者の方々は、めっちゃ頷いていましたけど。

あとは少女向けと少年向けのお話作りの違いとか、そんな話されてました。

その中で、ヘタレ萌えは男女共通との発言で、会場総沸き。ですよねー!
ヘタレ論にイチモツありそうなので、SH@PPLE読みたくなってきたー。

ただこの春からラノ100の帯がかかってて、
噂の面白帯紹介が見られないという大事件に気付きまして、
さてどーしたものかと、迷っているところなのです。

●14時 ライトノベル試験
国語、数学、社会、理科、時事問題と、分けてますが、
穴埋めだったり、選択だったりのライトノベル検定っぽいのをやっていたので、
挑戦してみる事に。

問題自体は禁書目録とか西尾維新作品とか、
そこまでマイナーな所に突っ込む問題でもなかったんですが、
多岐にわたる作品からの出題ってのと、15分という時間制限とで、
良い難易度だったのかも?
スタッフさんの平均点は63点くらいだと言ってました。

●14時半 ライバルは同業者!? ~内山靖二郎×三浦勇雄対談~
MF文庫Jで活躍中のお二人同時応答と言う感じで、対談の雰囲気とはちょっと違う。

内山先生は投稿暦10年以上の猛者だとか。
殆ど全ジャンルの作品を応募したと言ってて、驚き。

最近だと珍しい(?)TRPGを知る人であり、SF畑の人でもあり、
設定に凝って思考実験するような話も書きたいとか言っていたのですが、
『神様のおきにいり』『もふもふっ』を見るに、どうしても想像出来ない…。

三浦先生はオーフェンすげぇ!世代だそうで、まるっきり私と同じ。
『クリスマス上等。』の制作秘話ってか、原点がまさにドラマティックでしたが、
それより私にとっては『上等。』シリーズにファンタジー要素があるという紹介の方が、
びっくりどっきりでした。
噂から予想していたお話と違う…? どんな話なんだろ。

あと、MFの値段固定でページ数制限方針の話がちょっと興味深かった。
制限と言えば聞こえ悪いが、精錬するとも言えるからなー。

「みみっく!」の今後は続けたい人が続けたい時に続けると言う感じだそうで。
あの分厚いアレはさすがに毎回とはいかないでしょうけど、
息抜きでも、実験でもお祭り気分で何か書いて頂けるのは、
釣られて楽しい私なので、いつでも大歓迎と言う事で。要注目。

質疑応答では三浦先生のネットではとても晒せないアレコレが暴露される、
一種異様な盛り上がりでした。
あそこまで教えてくれるなんて、なんて良い人なんだ!

●エンディング
まず、ラノベ試験が、参加者平均59点だそうで、
意外と難しかったのかな? という印象。

私も出来たようで自信ないとこありましたので。

上位入賞3位まで何やら景品があるとのことで、結果発表。

1位の方は94点。去年も1位だったとか。なんとまぁ。
サイン付き『銀英伝』貰ってました。

で、2位が78点と大きく離されてまして、

 司会「サトウさんいらっしゃいますかー?」

 しーん…

 司会「アレ、読み方違うんですかね…カタカナでサト…」

 私「……ん?」

 司会「サトロさーん?」

 私「俺か!?」

私でした。なんという罠。まじで?

そして、なんと2位は同点でもう一方いらっしゃるそうで、
その人が……名前の出せない某先生でした。
ブログで行くと公言してる(ようなもの)のに、居ない事になってるとはこれ如何に。

景品はドラマガ付録だった碧陽学園生徒会生徒手帳(葵せきな先生サイン入り)と、
狼と香辛料DVD特典のジグソーパズルだったのですが、
某先生に景品選択権を譲っていただいたので、サイン入り生徒手帳を頂きました。

景品貰った嬉しさと、某先生と同じ段(?)に立ってるという嬉しさで、
いろいろいっぱいいっぱいでした。ありがとうございます。

その後、参加者のサイン入り色紙をかけたじゃんけん大会がありまして、
イベント参加者に加え、スタッフやら、ゲスト作家方まで含めて、熾烈なバトルが。

4枚あったサイン色紙争奪戦、全部参加しましたが、全部一回戦脱落。
天は人に二物を与えず。

閉幕の挨拶で〆て、解散。

いやー、楽しかったです。

運営の方々、楽しい企画をありがとうございました。
ゲスト様方、貴重なお話ありがとうございました。

それでは、また。

※※※蛇足※※※
●ライトノベル試験 反省会

国語は読み(ルビ)の組み合わせ問題。全問正解。
語群全部使う(ひっかけが無い)という優しさと、
それなりに意味が通るのが多かったので。

数学は計算問題2つと文回答の問題1つ。
計算問題で1つミス。
問題のレベルとしては小学生レベルなので、正直痛恨。
3割引と1/3を間違えるとか、私のバカ…。

問2「この弁当をすべて購入しようとした場合、どうなるか答えよ」
という、証明問題(?)は、前提少なすぎて激しく混乱したのですが、
なんか○もらえました。

社会は選択問題で大問2つ。ケアレスミス1つしました。
ばけらの!はいけぬこ研究会研究家としては、落とせないのです。

ホライゾンの問題が、普通に社会の問題で、大名の名前なんかわかんねーよ!
と思って飛ばそうとしたのですが、よく見ると「北陸」の大名。
えーと、あの最近NHKでやってる……杉なんとか…じゃねえ、上杉だ!
住んでて良かった東北地方。

しかし、新大陸に相当する物を「アメリカ」とだけ書いて、減点くらいました。
(正解はアメリカ大陸)

理科はルイズたんの名前の並べ替えと、語群並べ替え。
どこが理科なのかは聞かないであげてください。

ルイズの名前は某コピペでしか知らなくて、
必死に思い出そうとしたんですが無理でした。

語群並べ替えは、要は3つの文章の間違い探しなんですが、
何が違うのか分からないままやってみたら、正解でした。
「広島カープ」と「お姫様」がNGワードなのかな?

時事問題は、選択問題なんですが、アニメに関連する問題が3つと、
今日のゲストは誰でしょう? というある意味、最強問題が1つ、
そして、あなたの好きなラノベは? というサービス問題が1つ。

アニメ関連の話題が超むずい。さっぱりでした。

08年に放送したラノベ原作のアニメの本数は?
08年に放映された物でないラノベ原作のアニメはどれ?
くぎゅが演じてないのはどのキャラでしょう?

見たくとも見られない、地方格差ですよこれは。
ってか、くぎゅキャラホントに多いなぁ…。

ゲストの名前問題は、意地で。冷や汗かきながら回答。

あなたの好きなラノベは? と言われて、超悩んだのは言うまでもない。
制限時間カツカツだったのは、この所為か?

|

« スクウェア・エニックス・ノベルズ『犬憑きさん 上』 | トップページ | MF文庫J『ぷいぷい11!』 »

99_感想・予定まとめ・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/44888273

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回ライトノベル・フェスティバル初体験レポート:

« スクウェア・エニックス・ノベルズ『犬憑きさん 上』 | トップページ | MF文庫J『ぷいぷい11!』 »