« 電撃文庫『とある魔術の禁書目録 17』 | トップページ | アスキーメディアワークス『電撃パンチランキング』 »

MF文庫J『魔女の生徒会長 5』

天才の集う天国A校舎、ならず者の集う無法地帯B校舎、
得体の知れない魔界C校舎に、汚染区域D校舎。

これらの生徒達を蹴って蹴って教育し、纏め上げる魔女の生徒会長、
我らがシロオたんの活躍も5巻にて幕引き。

いろんな事情から捻じ曲がった生徒達のどうしようもなさを描きつつ、
ただひたすら蹴って蹴ってぶち壊すという少年漫画的なアホさで締める。
最後まで“らしい”やり口。見事。
面白かったです。

4巻ラストで“魔女”卒業宣言をかまして遁走したシロオとミミクロが、
なんのかんのとラブラブチュッチュしていたら、
妹ちゃんがそれに絡んで来て、未曾有のピンチ…。

…までが、今巻の山場。

そこさえ乗り切れば、それまでのどん底ムードもどこへ行ったやら。
ここでポカーンとせずに大爆笑出来れば、勝ち組です。

このパワーバランスの崩壊っぷりを、「少年漫画らしい」の一言で、
片付けてよいものなのか。

学園の陰謀については(最後が最後なので)だから何? な感じが否めないですが、
「魔素」の設定は物語通して、巧かったなぁと思ったり。

無法地帯や汚染区域なんて、どう見ても北斗の○を意識した舞台に詰め込み、
そのファンタジーっぽい言葉に包んで実は核、なんて皮肉に溢れてて、
かつ、ジュリ姉とかグググチとか、ひいてはルリヲにまで使われて、話を盛り上げて。
本当、良い設定でした。

そして、やっぱりシロオの言動が“作者”の言わせたい事オンパレードで笑った。
シロオがカンペ見て喋らされてるようにしか見えない。

シロオたんのテーマソングには感動しましたけども。
「さっきまで大怪我を負ってたのに…」的な台詞のなんと白々しい事よ。

あと、シロオに認められたからか、ミミクロがかなりちゃんと主人公してましたが、
ルリヲを誑かし、オセロに唾をつけ、ドロシー先輩の胸に見入ると、
そんなテンプレ主人公で良いのか…?
「男の子同士だから平気」とか、もうちょっと考えて喋ろうか。

大団円、とはちょっと違う終わり方ですが、次回作にご期待下さいという事で。
お疲れ様でした。面白かったです。ありがとうございました。

それでは、また。


関連

魔女の生徒会長 4

魔女の生徒会長 3

こんびにぞんび(みみっく!)

|

« 電撃文庫『とある魔術の禁書目録 17』 | トップページ | アスキーメディアワークス『電撃パンチランキング』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

僕も大好きだよ。魔女の生徒会長。
そこら辺のラノベよりずっとね。
欠けてるお話で、置いていかれる気がするけど、
それが逆に疾走感を出していて良いね。
またブログ、読ませて貰うよ。

投稿: | 2013年3月26日 (火) 16時36分

コメントありがとうございます。
この作品での独走突っ走りっぷりは、楽しむべきポイントでしょうねぇ。
少し置いていかれてるくらいが、作者やりやがったな! と思える良いバランスです。

投稿: サトロ(管理人) | 2013年3月26日 (火) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/44599277

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『魔女の生徒会長 5』:

« 電撃文庫『とある魔術の禁書目録 17』 | トップページ | アスキーメディアワークス『電撃パンチランキング』 »