« 角川スニーカー文庫『戦闘城塞マスラヲ 5』 | トップページ | ファミ通文庫『鋼鉄の白兎騎士団 8』 »

電撃文庫『アスラクライン 12』

アニメ化おめでとー、だけどやっぱりこのヘビーな専門用語がネックになってる、
……らしいですね。見てないので分かりませんが。

とりあえず、原作の方は一巡目の世界編。
あいつがこいつで、こいつがあいつで……驚くやら混乱するやら。

アニアと一緒に巡る、一巡目の世界解説編…とでも言いますか。

無意識領域に行って操緒に諭されたり、
洛芦和高校に行って紫浬さんに諭されたり、
ラ・クロワに行って律都さんに諭されたり、
●●に行って××に諭されたり…。

役者が揃ったかと思えば、まだまだぞくぞくと出て来て、
一巡目の世界とか、二巡目の世界について解説してくれる。

パラレルワールドだったり、タイムパラドックスだったり、
デウス・エクス・マキナだったりと……り、りろんはしっている。

パラレルワールドとタイムパラドックスと、個々の事象は理解できるのですが、
それらが一緒になって、ついでに人物入れ替わりまで出て来て混乱する事しきり。

特に最後の二巡目の世界が一巡目の世界に追いつくの追いつかないのという、
辺りでいろいろよく分からなくなったです。
一巡目が常に1年先だったら上書きされないなら、滅びるの滅びないのは関係ないのでは?

こまけぇことは(以下略 で済ませて良いものか。

なんか今巻の内容は、嵩月は俺の嫁。までは理解できた。

そこは案外、迷わなかったな。こちとら告白したのも忘れていたのに…。
ナジミストとしては、まだ操緒の目があると信じていますが…。

コメディーパートである前半部では、
if世界モノという事で二巡目世界でお馴染みの方々が、
今までとは違う姿を見せてくれてがすごい良かったです。

具体的には哀音が! 哀音が良かったです。
ドジっ娘キャラというか、小動物系キャラというか。
付属品:冷凍マグロという発想は無かった。斬新過ぎる。

いやでも、リアルでフリル付きのフード被ってたというのが驚き。
可愛いので許す。

小動物つながりでひかり先輩も出てきてましたが、一瞬過ぎてさっぱり。
もっと、もっと出番を!

あと氷羽子について、いろいろ事情が判明して実に複雑な気分に。
悪魔関係のはホントに残酷な設定だなぁ…と。

しかし、前半では読んだ人は全員思ったに違いないんですが、
それでも言わねばならんことが。

智春…いや、エロハル、君ね……、

寝惚けてアニアの布団にもぐりこんだ挙句、操緒の夢見ながら胸揉んでおいて、
「美味しい思いをした記憶はまったく無い」とはどういうことだ!?

この駄フラグの立てっぷりは、某幻想殺しにすこぶる似ていると、
ようやく気付きました…。

それこそ学園ラブコメでもあれば、ただの笑いどころなんですけどねぇ…。
次巻はどうする、どうなる?

それでは、また。


関連

アスラクライン 11

電撃学園RPG文庫

ダンタリアンの書架 2

|

« 角川スニーカー文庫『戦闘城塞マスラヲ 5』 | トップページ | ファミ通文庫『鋼鉄の白兎騎士団 8』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/44727800

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『アスラクライン 12』:

« 角川スニーカー文庫『戦闘城塞マスラヲ 5』 | トップページ | ファミ通文庫『鋼鉄の白兎騎士団 8』 »