« アスキーメディアワークス『電撃パンチランキング』 | トップページ | MF文庫J『まりあ†ほりっくアンソロジー』 »

電撃文庫『デュラララ!!×5』

池袋の街で、漆黒の首無しライダーが暴れまわる怪奇小説。

のはずが、首無しライダーどころじゃない奇人変人が集まり、
様々な勢力の様々な思惑がぶつかり合う、ひたすらカオスな群像劇。

初めに言うべきことは、この5巻は前後編の“前編”です。
いつまでプロローグなのかと思ったら、話が終わらなかった…。

4巻、「池袋の休日」で蚊帳の外だった臨也が、
意趣返しにと池袋のGWを混沌に陥れる。

……という煽りで始まってますが、臨也が表立って動くはずもなく、
唆されたり勝手に動いたりする、レギュラーや新キャラが居るだけ。

いつも通りってことです。

今回のトラブルメーカーさんは3組。

4巻から出てきた来良学園1年生の黒沼青葉君と、
To羅丸リーダーの六条千影、そして露西亜からの来訪者2人組。

こいつらが、帝人やらダラーズやら静雄やら、
セルティやら杏里やらに絡みまくったあげく、
一つところに終結し、全殺し……されるんじゃないかなぁ…。

今巻では3つのプロローグが終わり、絡み始めたところまで。

全殺し予想図は今の所、青葉が真っ黒で、ろっちーは灰色、
ヴァローナも灰色ですかねぇ。スローンは置いてきぼり。

青葉は何がしたかったのかこれまではさっぱり不明でしたが、
最後に正体を現し、意外なところを攻めた感じ。
でも、いかにも調子のった若者で、死亡フラグがヒシヒシ。
ついでに帝人まで巻き込んで倒れそうなのが微妙ですが、
そこはきっと正臣がなんとかしてくれる!

ろっちーは静雄に絡んでさっくりやられ、雑魚キャラかと思ったら、
単にバカなだけでした。
バカはしぶといので、この後どうなるのか微妙に分からない。
門田に絡んでいったので、ガチンコ一騎打ちで落とすのか?

ヴァローナは、杏里、聖部ルリに続いて、
また心の壊れた殺人美女か! と思わなくもない。
静雄かセルティに叩き潰されそうですが、
露西亜寿司の2人も絡んできそうな、そうでもないような。

肝心の静雄は、なにやらチビッ子に懐かれて面白い笑顔を浮かべてましたが、
臨也には辿り着かないのでしょうねぇ…。

でも、静雄のいろんな顔を引き出すチビッ子ぐっじょぶ!

しかし、続巻は早くても7月以降か…。

それでは、また。


関連

デュラララ!!×4

電撃学園RPG文庫

最後の鐘が鳴るとき

|

« アスキーメディアワークス『電撃パンチランキング』 | トップページ | MF文庫J『まりあ†ほりっくアンソロジー』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/44634886

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『デュラララ!!×5』:

« アスキーメディアワークス『電撃パンチランキング』 | トップページ | MF文庫J『まりあ†ほりっくアンソロジー』 »