« 電撃文庫『アカイロ/ロマンス 3』 | トップページ | 電撃文庫『シフト 1』 »

電撃文庫『白山さんと黒い鞄』

発売告知の段階では特に買う予定に入ってなかったのですが、
平台に並んでるのを見て、無性に鈴木鈴が読みたくなって買ってしまったです。

それなら「ひめごと」でも読んでろってなモンですが、
ちょっと荒んだ話になってるっぽかったのと……まぁ、表紙に釣られて?

「吸血鬼のおしごと」を読んで、ずっと離れていたので、
鈴木鈴作品で読むの2つめ。

 真っ白な髪の、儚げな女の子が、泣いたり笑ったり、
 キョドったりテンパったりします。

  ◆あとがきより抜粋

うん、まんまだ。

手首とか首とかスポーンと飛ぶし、袈裟懸けにザックリいったりもしますが、
雰囲気黒くは無い。基本的には白いです。

不思議ちゃんがいつも抱えていた鞄の中身は、女の子だったのです。
という異能バトルのような、学園ラブコメのような。

存外にハマってしまったなぁ、というのが感想。

白山さんがものすごくまともな正統派だったのが非常に新鮮だった。
単純に最近、尖がった作品ばっかり読んでたからかもしれませんが、
改めて、王道の良さというものを見た気がします。
ストーキングする白山さん、寝惚ける白山さん辺りは絵的にGJ過ぎる。

そして九衛が良いね!
正統派ガキンチョ的ツンデレというか。
色恋のステージでなく、白山さんを取られたくない一心で、
突っかかってくる様子やら、自慢げに背伸びしたりする様子が堪らない。
デレるのでなく、萎れる様にニヤニヤが止まらない。

メアとヴィヴィの阿頼耶識二人組みは、大騒ぎした割には、
あっさりと退場しました?
いろいろ彼女らの事情も明かしてただけに、また出てきたりしないかと、
ちょっと期待していたり。
メアと伊織は結構、面白い組み合わせだったですし。

物語としては序の序なので、続きが出ることに超期待。
宮代さんの片思い事情が実は気になっている。

それでは、また。

|

« 電撃文庫『アカイロ/ロマンス 3』 | トップページ | 電撃文庫『シフト 1』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/44404352

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『白山さんと黒い鞄』:

» 白山さんと黒い鞄 [黙々読書]
あらすじ ミステリアスで可愛いクラスメイトの白山さん。 そんな彼女が肌身離さず持っている黒い鞄には―、 強気でワガママな美少女が住ん... [続きを読む]

受信: 2009年3月21日 (土) 01時29分

« 電撃文庫『アカイロ/ロマンス 3』 | トップページ | 電撃文庫『シフト 1』 »