« ファミ通文庫『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』 | トップページ | MF文庫J『やってきたよ、ドルイドさん! 2』 »

電撃文庫『ラプンツェルの翼』

土橋真二郎氏の新作。
息抜き単巻といったところか。と思ったら、2巻の告知が! あれ?

ツァラトゥストラが終わったり打ち切られたわけではありません。
…多分。

息抜きと言いつつ、作風全く変わりませんが。

相変わらず、冷めた主人公の元に非日常たる美少女が舞い込む話。

トランク開けたら全裸少女が入っていて、まきますかまきませんか?
という話ですな。ローゼン良く知らないですけど。

人を食う「バグ」と、それを狩る「天使」という存在。
その「天使」になるためのプログラムに強制参加で、
バトルロイヤルな日々なのです。

全裸解禁で、ついに幼女かー! と思ったけど、
設定ではただのイッコ下なのでした。
せいぜい舞と一緒くらい。

中学生くらいが、土橋さんの範囲外という事なのか、
逆にストライクゾーンなのかと、そんな事を勘ぐってみたり。

とりあえず、この仮妹の奈々が今回のヒロインさん。
着せ替えたり、押し倒したり、押し倒されたり、舐めあったりと、
いつもより多めにスキンシップしてる気が。

いいよいいよー!

かなり怖々と読んでいたので、なんだか最後も良い雰囲気で、
良い意味で期待を裏切られた感じ。

しかし、主人公と奈々の二人は辛うじてハッピーエンドっぽいけれど、
「天使」システムの所は、頑として真っ黒々な所が、
これがれっきとした土橋作品と主張しているか。

あと、幼馴染みちゃんの不遇さ加減とかね。
日常に身を置くヒロインさんの報われなさといったら、無いね。
何の恨みがあるのかと問いたい。
ま、そんな事は分かっていたので、実は黒幕~みたいな展開すら、
頭の隅にあったのですけどね。

そして個人的にはバードちゃんとの二度目の邂逅が衝撃的でした。
カラー口絵とのギャップがヤバイです。

でもこれ、伏線全回収はしていないですよね。
精神寄生体云々は、ツァラトゥストラとかに絡んでくるのかもですが、
“パルス”とは微妙に違うのですよね。

それとも“パルス”の一形態みたいなモンなんでしょうか。
相沢君のイレギュラー体質が“パルス”っぽく見えたんですが。

それでは、また。


関連

ツァラトゥストラへの階段 3

ツァラトゥストラへの階段 2

ツァラトゥストラへの階段 1

|

« ファミ通文庫『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』 | トップページ | MF文庫J『やってきたよ、ドルイドさん! 2』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/44207014

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『ラプンツェルの翼』:

« ファミ通文庫『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』 | トップページ | MF文庫J『やってきたよ、ドルイドさん! 2』 »