« 電撃学園RPG終わったよー | トップページ | 電撃文庫『シフト 2』 »

アスキーメディアワークス『電撃学園RPG文庫』

15周年企画の最終段。
電撃学園RPGの予約特典で、文庫が一冊付いてクルー。

正直、これなかったらゲーム買わなかったかも分からんね。
ゲームの感想はお隣で。

販促品として、これだけ売っても良かったんじゃないのか?
という感じの普通の電撃文庫装丁で、豪華9人によるコラボ。
イラストは扉だけ。描き下ろし…のような、どこかで見たような。

200ページ強を9人で担当なので、一人当たりは推して知るべしな掌編ですが、
いつも通りに書いてる人も居れば、
普段は見られない雰囲気で書いてる人も居れば、
ちょっぴりゲームを絡めた話を書いてる人も居れば、
電撃学園RPGなエピソードの人も居れば、販促漫才を書いてる人も居れば、
全っ然ゲームと関係ないただの日常の一コマを書いてるゆゆぽも居ます。

絶対、キノが一番浮いてるよこれ、とか思っていたのに。
ゆゆぽの肝っ玉でかすぎる。惚れた!

●時雨沢恵一
普通にキノの旅の一話分。「ゲームの国―Save Your Life!―」です。

やばくなる前にセーブしておけば、やり直しが効くよ! という国の話。
皆が幸せになるための一つの最終思想ですが、なるほどねぇ。

要は清水の舞台から飛び降りるのに不安を感じるくらいなら、
セーブしておけば出来るべ! という後押しギミックですけど、
これ悪い事にも使えるから大丈夫か? という感じ。

具体的にはカジノで賭ける前にセーブして、
はずれたらロードしてた私みたいな。
セーブするのに料金取れば、意外と採算とれるか?

●五十嵐雄策
乃木坂春香@電撃学園なお話。

電撃学園にドジっ娘アキちゃんな楽譜を忘れたので、
裕人と美夏と葉月さんと那波さんとで夜の学園探訪。
しかし、電撃学園には七不思議があり、
それに怯える春香と美夏。くっつかれる裕人に嫉妬! という感じ。

すごい素っ気無く電撃学園が出てきたもんだから、
乃木坂春香の世界には普通にあったのかと思ったですよ。

とりあえず、渾身のネタであろう七不思議がめちゃ面白かった。

「木工ボンド部をさまよう金属バットを持った死と再生の天使」はまだ良いとして、
「炎に包まれた炎髪灼眼のメロンパン好き少女」は無いわ。

語呂の悪さと良い、全く隠す気が無い心意気と良い、素晴らしい。超GJ!

あと、春香のお姫様っぷりとか、美夏のデレデレっぷりとか、
葉月さんのさり気なさとか、乃木坂春香な要素もしっかり入っているのは、
普通に巧いと思った。

●おかゆまさき
ルルティエ天使全員集合でゲーム対談。桜くんも居るよ!

素でゼブルちゃんとかダチュラちゃんとか覚えてなかった。
あーあー、10巻で2人ほど天使出てた。そう言われてみれば。

ゼブルちゃんがずっとしゃべっているので、ドクロちゃんがあんまり目立ってない。
むしろサバトちゃんの方が目立っている気が。

電撃hp増刊ネタという懐かしさと、くぎゅネタが何回見ても笑ってしまう。

●水瀬葉月
フィア@電撃学園な話。一番コラボっぽいコラボ作品。

腹が減ったフィアが電撃学園購買部のホロからおせんべを買うべく、
ホロが提示する代金「リンゴの蜂蜜漬け」を手に入れようと奮闘する話。

というか、ぶっちゃけわらしべ長者。
ホロ→サバトちゃん→奏っちゃん→陸→大河→ホロと交渉する訳ですが、
それぞれのキャラが、すごいそれっぽくて良い。

ホロとかサバトちゃんとか大河が巧かった。
陸がなんかツッコミ過ぎな気がしなくも無いけど、
逆にあれは某陸太郎だと解釈すればアリかも。

最後になんか良い事言ったみたいに巧くまとめてるのも、
付録っぽくて良かったです。

●橋本和也
柚島さん@電撃学園と見せかけて、@洛芦和高校。

操緒と一緒にヘタレ共の憤懣をぶつけ合って、友情を育む話。
世界団欒を読んでないので、柚島さん方面は分からないのだけど、
やっぱりヘタレ主人公&お節介ヒロインなのかなぁ、と思う。

操緒との意気投合っぷりは、お約束っちゃお約束だけど、
主人公がヘタレなのが悪い、というお約束クラッシャーはやっぱり面白い。

●三雲岳斗
「紙ラジオ」かよ!!!

この文法で行く事そのものに大爆笑。
アニメ開始目前の絶好の宣伝広告媒体で、
本編とはまるっきり雰囲気もキャラも違うこれで…良いのか三雲さん…?

という訳で、いつもの操緒と奏っちゃんの漫才が載ってます。
奏っちゃんの「えっ?」がメチャクチャ面白い。
ネタの解説ほどアホなものは無いので、何も言えませんが、
最後、操緒の「いい加減にしろ!」の後に、
「どうも、ありがとうございました~」という二人の声が脳内自動再生された。

●支倉凍砂
購買部でのホロとロレンスの一時。

ゲーム中でそのものの役割ではあるんだけど、ゲームっぽくはなく、
普通に現代社会におけるネットマーケティングな話。

つまり、私はたわけた雄であるからして、
「べ、別にぬしのためではありんせんからな!」にときめかざるを得ない訳です。

ロレンスがちょっと適応出来てなくて、すごい殊勝なのが不思議。
そうか、奴はヤンデレ萌えだったのか。
それってどう考えても工場長の嗜好な気がするけど。

●成田良悟
遊馬崎ウォーカー@電撃学園な話。

見事に順応して各キャラクターに話しかける遊馬崎が輝いている。

異世界へ飛んだ遊馬崎の第一声が、皆の気持ちを代弁しすぎて困る。
だよねだよね。これぞラノベっ子の理想形。

不思議体験をした時に、「何これ、夢?」とか疑うなんて、
ラノベっ子としては有り得ないのですよ。

あー、良いなぁ遊馬崎良いなぁ。
二次元の人にサイン貰ってるんだぜ。羨ましい。

とか言っていたら、セルティもフィーロもどうでも良くなっていた。
しかし、ロニー・スキアートはカッコ良かった。

●竹宮ゆゆこ
竜児が大河と実乃梨に小突き回される話。

実乃梨が広報誌「THE・部長」に載せる原稿案を思案中、
大河と竜児と北村とにアドバイスを求めるような。

北村の一声以外全くゲームと関係ない。
でも、あの一声は見事だった。感動で打ち震えてしまった。

ちょろぎ、私も食べた事無いので知らなかったけれど、
某所で甘福あまねイラストのちょろぎたんが話題になったときに知った。

…が、また忘れてて、なんぞそれー? と思って読んでいた。

亜美ちゃん、ここでもほぼ出番無しという冷遇さに、
ファンはそろそろ怒っても良いんじゃないだろうか。

それでは、また。

|

« 電撃学園RPG終わったよー | トップページ | 電撃文庫『シフト 2』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/44449742

この記事へのトラックバック一覧です: アスキーメディアワークス『電撃学園RPG文庫』:

« 電撃学園RPG終わったよー | トップページ | 電撃文庫『シフト 2』 »