« 電撃文庫『メグとセロン 4』 | トップページ | 角川つばさ文庫『ウルは空色魔女 1』 »

2008年下半期ライトノベル“萌”杯投票

萌投票だと思って選考していたら、
発起人殿の投票を見て、ヤンデレ投票だったのかと慌てましたですよ。

でも、まいじゃーを会社で見れなくしてくれたバナーを信用してそっちの方向で。
ギリギリで済みませんが、投票します。

★新規作品部門★
1.一迅社文庫『さくらファミリア! 2』
  著:杉井光 絵:ゆでそば
【08下期ラ萌投票/新規/9784758040358/るーしー】

分かってる。エリとレマとどっちを選ぶのかが主題であって、
るーしーはサブヒロインという事は。
だが待って欲しい。作中での人気ランキングを考えて欲しい。
悪魔全員から愛され、天使全員から愛されているのは誰か。
1~3巻でのキーマンっぷりを。
これが作者の愛でなくて何だろうか。
私は杉井さんに賛同する。ただそれだけなのです。
褐色肌とか、角っぽい髪型とか、服装(?)や体型なんて関係ないのです。
感想はこちら

2.MF文庫J『ラノベ部 1』
  著:平坂読 絵:よう太
【08下期ラ萌投票/新規/9784840124294/物部雪華】

作中たった一つの短編に出ているだけではあるけれど、
その存在感たるや姉を超えると言って良い。
何故ならば、この娘こそが作者の本領発揮ともいうべき性格だからである。
私は平坂さんに賛同する。ただそれだけなのです。
2巻での一幕を見て、それを確信しました。
感想はこちら

3.GA文庫『ばけらの! 1』
  著:杉井光 絵:赤人
【08下期ラ萌投票/新規/9784797350616/葉隠イヅナ】

誰が言い出したか、イヅナっち可愛いよイヅナっち。
まさにイヅナに始まり、イヅナで終わる物語。
わっちわっちなんてメじゃないぜ。これからは“にゅふう”の時代。
ケモミミ、ダメ人間、ラノベ作家、これ以上の萌え要素があるだろうか。
だから、イヅナっちが何歳かとかそんなのは気にしなくても大丈夫。
感想はこちら

4.電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2』
  著:伏見つかさ 絵:かんざきひろ
【08下期ラ萌投票/新規/9784048674263/黒猫】

こんなに文句たらたらなのに、何故オフ会に来てるのか?
こんなに文句たらたらなのに、何故限定ディスクを取ったのか?
黒猫氏のツンデレっぷりが、実にあざとい。
泣きボクロで付け猫耳でゴスという、そんなあざとさも虚しくなる。
とか言ったら、そもそも桐乃はどうなんだ? という話ではありますが。
感想はこちら

5.電撃文庫『境界線上のホライゾン 1下』
  著:川上稔 絵:さとやす
【08下期ラ萌投票/新規/9784048672702/ネイト・ミトツダイラ】

まぁ、萌えキャラのオンパレードで誰を選ぼうか迷う所ではあるのですが、
読んでから3ヶ月経った今、思い出せた名前が
「がっちゃん」と「ごっちゃん」と「ミトツダイラ」の3人だったことを鑑みました。
決め手はナンでしょうね。騎士属性ですかね。でも私、魔女の方が好きですけど。
ちなみに、キャラの名前を思い出している時、
真っ先に「トーリ」が出てきた事実は、無かった事になりました。
感想はこちら

★既存作品部門★
1.電撃文庫『アスラクライン 11』
  著:三雲岳斗 絵:和狸ナオ
【08下期ラ萌投票/既存/9784048672672/アニア】

アニア登場の4巻から買い始め、投票するのが11巻。
なんだか運命的なモノを感じますね。
金髪の幼女というのはどうとでもなりますが、
悪魔の能力でドジっ子というのを正当化した、その設定に感服した。
この娘が泣くのはちょっと耐えられそうに無いので、
12巻、何卒よろしくお願いします。
感想はこちら

2.角川スニーカー文庫『時載りリンネ! 4』
  著:清野静 絵:古夏からす
【08下期ラ萌投票/既存/9784044732042/凪】

リンネに投票すると思ったら大間違い。凪の日ですよ。
凪自体というより、「凪の日」という設定が心に沁みた。
引っ込み思案が月に一回大いに喋っていい日を設定するとか、手放し賞賛ですよ。
あれ、月一って結構多くね? なんてカケラも思っていません。
お兄ちゃんはもうちょっと空気読んでも良いはず。
感想はこちら

3.電撃文庫『みずたまぱにっく。 3』
  著:ハセガワケイスケ 絵:七草
【08下期ラ萌投票/既存/9784048673433/水田マシロ】

萌えるが良いさ! と言わんばかりの七草マジックが堪らない。
ましろんに投票はしますが、あえて4人組に萌えるも良し。
そっちだと、めぐぅかしら。陽向も良いですが。
こんなに入り口は広い割に、あんまり評判になってない不思議。
あと、ずっと気になってるんですが、
エアメガネってあれはメガネ属性の一種で良いのかな?
感想はこちら

4.MF文庫J『魔女の生徒会長 4』
  著:日日日 絵:鈴見敦
【08下期ラ萌投票/既存/9784840126014/オセロ】

1巻での悲壮さが、2巻以降で払拭されるほどの萌えテコ入れっぷり。
それなのに、シロオちゃんの当て馬にしかなってないという残念さ。
隻眼隻腕がチャームポイントだったのに、さらなる“力”のために、
それを捨て去る(?)という迷走っぷり。
さすが日日日なんともないぜ!
感想はこちら

5.電撃文庫『輪環の魔導師 4』
  著:渡瀬草一郎 絵:碧風羽
【08下期ラ萌投票/既存/9784048672689/アルカイン】

いや、この丸み、毛並み、色艶、そして男前加減。
素晴らしいじゃありませんか。
この呪いはもっと広まるべき。むしろ実用化への期待が高まります。
肉球ハンドでもケーキナイフ握れるなら、
日常生活も意外と平気じゃあるまいか。
感想はこちら

よろしくお願いします。

それでは、また。


関連

2008年下半期ライトノベルサイト杯投票

|

« 電撃文庫『メグとセロン 4』 | トップページ | 角川つばさ文庫『ウルは空色魔女 1』 »

99_感想・予定まとめ・雑記」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/44338603

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年下半期ライトノベル“萌”杯投票:

« 電撃文庫『メグとセロン 4』 | トップページ | 角川つばさ文庫『ウルは空色魔女 1』 »