« ファミ通文庫『コラボアンソロジー3 まじしゃんず・あかでみい』 | トップページ | ファミ通文庫『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』 »

電撃文庫『狼と香辛料 10』

二桁突入。アニメも二期決定と。
工場長ウハウハ。

発売告知の時はサブタイがあった気がしたのに、何故か消えてる…
と思ったら、そもそもこのシリーズってサブタイ無いんですな。

「対立の町」が異例だっただけと。

「狼の骨」を求めて海を越えウィンフィール王国へ。

なんか地図だと、ただの小島に見えてたんですが、
肥沃な草原とか言ってるので、ちょっと意外。

雪の大地を舞台に、修道院が潰れたり、商人が悪巧みしたり、
羊さんが暴れたりします。

相変わらずホロとロレンスがいちゃいちゃしながら、
若いながらやり手の商人と表面上だけ握手してたり、
渋いオジサマと腹の探りあいをしたり。

でも、今巻半分くらいまで読んだところで、
よく分かんないからホロが暴れて終わろうぜ、みたいな話の流れが、
すごいびっくりでした。

今回は商売しないのか、と思いきや。

まさかの羊さん乱入で、やっぱり駆け引きの世界に。

でも、よく考えたらいつも、この話はやばそうだぞと腰が引けた所に、
大番狂わせのナニカがやってきて、引くに引けない、
みたいな展開だったかも?

そこで今までこのキャラ何なの? という人たちが、
ピタリピタリと役にはまって、ロレンス辛勝って感じか。

今回はやっぱり引くに引けなくなってではありますが、
ロレンスが手綱を取っての展開で、カッコよかったですな。
エーブとかホロに振り回されていた時を思い出すと、殊更に引き立ちます。

4人の大商人様と円卓を囲んでいる時に、チラッと隙を見せて、
あー、やっぱりロレンスはロレンスだなぁとも思いましたが。
でも、あのピリピリした雰囲気は堪らない。

しかし、最後はリアル「どとうのひつじ」という力業で笑った。
ここでホロの出番かと思っていただけに。

あと、これだけ道を逸れててもまだ「行商」の寄り道で済むってのが、
ちょっとびっくりでした。
どこぞで「店」を買う話くらいから、
行商はもう止めの方向かと思ってたですよ。

さて、旅の目的がまたヨイツに向いたみたいで、
これでホントに終わりが見えてきたのかしら。

それでは、また。


関連

狼と香辛料 9

狼と香辛料 8

狼と香辛料 7

|

« ファミ通文庫『コラボアンソロジー3 まじしゃんず・あかでみい』 | トップページ | ファミ通文庫『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/44199929

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『狼と香辛料 10』:

« ファミ通文庫『コラボアンソロジー3 まじしゃんず・あかでみい』 | トップページ | ファミ通文庫『耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳』 »