« 富士見ファンタジア文庫『H+P―ひめぱら― 2』 | トップページ | GA文庫『ばけらの! 2』 »

MF文庫J『魔女の生徒会長 4』

日日日さんの夢と小ネタいっぱいな学園ファンタジー。

1巻がA校舎、2巻ばB校舎、3巻はC校舎だったので、
4冊目はもちろん『汚染区域』D校舎が舞台に、
シロオちゃんが泣いたり暴れたり。

今期生徒会の会期が終わりに近付いてきたので、
生徒会総選挙をD校舎で執り行う事になりました。

…というイベントではありますが。

今回は今までのようにD校舎の紹介な感じだと思っていたら、
ものすごい密度で話が進み、まさかの急展開。

いや、びっくりびっくり。見所満載。
 ・D校舎『汚染区域』、そこに君臨する新キャラ悪魔の双子の謎
 ・生徒会総選挙、主要キャラ達16名によるタッグバトル
 ・ミミクロ、まさかの存在感獲得

新キャラの悪魔の双子は、いわゆる凸凹コンビ。
強面の兄と□リぃ妹のペアです。

妹のグググチが新ヒロインとなって、それなりに活躍してくれるんですが、
最期の方が駆け足で、「魔法」にもうちょっと夢を見たかったという思いが。

しかし、「超ひも」をそういう使い方するって発想には脱帽。
もはやSF的な意味や理論など関係無いですが、その言葉だけでワクワクしちゃう。

タッグバトルでは、耳寺ジュリエットと四聖獣、魔女と生徒会メンバー、
C校舎の魔王シャム、それとD校舎の新キャラ達とA校舎の代表さん。

こいつらが好き放題バトル訳で、面白くないはずが無い。
オセロが久しぶりに最強っぷりを発揮していたのが、やっぱり嬉しいですねぇ。

四聖獣も前回はいやーな敵だったけれど、
今回は一応味方サイドな書き方で、ちょっとカッコ良い。

ただ、まぁ、ここでシロオ&ミミクロペアというのが来るとは思わなんだ。
と言うか、それで物語を大きく動かしてくるとは。

それなのに、ミミクロに頭の悪い格好をさせる日日日氏はマジ鬼。

グググチが「~だっちゃ」とか言ったり、
オセロが「パ○ツじゃないから恥ずかし(以下略」とか言ったりするのは堪えたのに、
ここのイラストで噴いた。破壊力あり過ぎ。

で、その後の展開が実に紙一重。
3段変身とか、超ひもとか。

展開早いので、笑うところなのか真面目に読むところなのか分からない。
イキオイに任せているなぁ、という感じ。

シロオちゃん解呪の理屈はちょっと微妙でしたが、エピローグを見ると、
これがやりたかったんだなぁ、という意図が見えて納得。

まさかの引きで終わっていますので、次巻が早く出る事を祈っています。

それでは、また。


関連

魔女の生徒会長 3

魔女の生徒会長 2

コラボアンソロジー1 狂乱家族日記

|

« 富士見ファンタジア文庫『H+P―ひめぱら― 2』 | トップページ | GA文庫『ばけらの! 2』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/43772209

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『魔女の生徒会長 4』:

« 富士見ファンタジア文庫『H+P―ひめぱら― 2』 | トップページ | GA文庫『ばけらの! 2』 »