« 1月からの欲しい新刊メモ | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 5』 »

講談社ノベルス『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』

きみとぼくの4冊目。
1冊交互で、今回は串中弔士君のターン。

と、ページをめくったら、
そこには串中弔士にじゅうはっさい。

…ええええ!!!

あれから14年後の串中弔士君は、
某女子高の教師になっていましたとさ。

そこで巻き起こる七不思議殺人事件。

語り役の病院坂迷路(バックアップ)さんが、
いろいろ巻き込まれたり、わざわざ心配したりしてくれます。

今回は、事件の推理は完全に放棄する感じのミステリ。

事件に応対する人々を見て、何がしかを察するんでしょうが、
その行動自体もあまり目立たない感じで進みまして、
1,2,3巻ほどセンセーショナルな内容では無かったかと。

結果だけ見るなら、大人として自然な行動のようで、
しかし、裏から透かすと弔士君らしい(?)怪しい雰囲気ぷんぷん。

その怪しい雰囲気を傍系の病院坂氏が、
さんざんっぱら煽りに煽って、さて何を思おうか。

何がやりたかったかというと…なんでしょうね?
シリーズ的には、弔士君の大人っぷり。
事件的には…やっぱり、叙述トリックか?

でも、こんなのほとんど詐欺のような手口では…。
バックアップ迷路氏が、やたら迂闊すぎるのもちょっとひっかかる。

個人的にはロリ先輩の登場に愕然。
さり気に両親から名前取ってるとか、これ読者が蜂起しちゃいますよ。

そして2巻のあの事件全てがコレのため、という思わせぶりな発言。
その発想も無かったですねぇ。うわぁ、としか言えないですが。

次巻で最後。
くろね子氏の中学時代だそうです。

それでは、また。


関連

きみとぼくが壊した世界

真庭語

零崎曲識の人間人間

|

« 1月からの欲しい新刊メモ | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 5』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/43558949

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社ノベルス『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』:

« 1月からの欲しい新刊メモ | トップページ | 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 5』 »