« 電撃文庫『境界線上のホライゾン 1下』 | トップページ | 電撃文庫『アカイロ/ロマンス 2』 »

ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣 5』

みんな、バカ大好きだな! が合言葉。

このラノでも大人気でしたし、
今巻など、アニ○イト限定特典がミニドラマCDという、
猛プッシュッぷりが何かを予感させる。

新ヒロイン(?)登場。表紙のあの人。

まぁ、明久の“お姉さん”なのですが。

このマイペースなお姉さんを軸に、テーマは「家族」みたいな、
そんなお話。
一人暮らしを賭けた期末テスト勉強会と称して、
雄二と美波と霧島さんのお宅訪問。

スゲェ! お姉さんが無敵過ぎる…。

家族ぐるみでの明久の人格洗脳とか、
隠していたエ□本の中に「姉萌え」が無かったので減点とか、
何だか一歩間違えると、それなんてエ□ゲな展開。

オチは読めていたけど、それでも恐ろしい破壊力だったです。

真ん中辺りはお姉さんそっちのけで勉強してるだけなので、
あれ、このままスルー? とか思いましたけど、
そんな事なかったです。

しかし、もうちょっとで姉萌えに走らされるところだった。
葉月ちゃんが出て来ていなければ、危なかったです。
小五口り可愛いよ小五口り。

霧島さん宅訪問は、普通に修学旅行の続きみたいな感じに。

工藤さんの熱烈アプローチっぷりがそろそろ危険域なのは、
いいぞ、もっとやれ! ではありますが、サイドストーリー過ぎて、
本編には絡めなさそうな予感。

それと、秀吉はネット上とは違って、新性別「秀吉」という扱いではないので、
何だか違和感を感じるようになって来ましたよ?
「女」扱いと「秀吉」扱いは、似てるようでちょっと違うんですな。

それから、作者が絶賛していた姫路さんのあの髪型は反則。
明久の余計な一言で、もうお目見えする事は無いかと思うと、
残念でならないです。

しかし、この流れで秀吉のお姉さんが出てこないのは理不尽。
おかしいだろ! 秀吉のお宅も訪問して然るべきだろ!
お姉さんはお勉強も出来るわけだし。
これには抗議せざるを得ない。(心の中で)

最後に、ミニドラマCDの話。
中身はキャラクター紹介トラックといったところ。
5巻を読もうという人には基本過ぎて、特に知るべき内容ではなかったです。
「声優目当て」ならアリかも、というくらいで。

それでは、また。


関連

バカとテストと召喚獣 4

バカとテストと召喚獣 3.5

このライトノベルがすごい! 2009

|

« 電撃文庫『境界線上のホライゾン 1下』 | トップページ | 電撃文庫『アカイロ/ロマンス 2』 »

03_ファミ通文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/43346010

この記事へのトラックバック一覧です: ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣 5』:

« 電撃文庫『境界線上のホライゾン 1下』 | トップページ | 電撃文庫『アカイロ/ロマンス 2』 »