« 講談社ノベルス『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』 | トップページ | ガガガ文庫『人類は衰退しました 4』 »

電撃文庫『C3 -シーキューブ- 5』

はいている表紙でお馴染みの呪いの物語。5冊目。

なんだか波に乗ってきたような感がしてますが、
気のせいですかね?

短編もそろそろ溜まってきましたし。
3月に6巻出るって言うし。

今巻は体育祭に引き続きで、文化祭のお話。
もしくはビブオーリオ編の後日談。

文化祭。それは学園モノの外せない定番。

最近はこぞってコスプレ喫茶でメイド服な訳ですが、
フィア達はナース喫茶だそうです。

へー…あれもバリエーションあるんだ…。
それは読者サービスとして、メニューは結構面白かったかも。

乳白色のおくすり。罠過ぎる。
まぁ、ケンゼンな男子には売れるよなぁ…。

ついでのように、ス○水エプロンなるモノが出てきますが、
なんだろう、スク水で屋台ってやっていいんだろうか。
もう、それは別のサービスという気が。

バトる方は、家族会の残党である濡れ女さんに狙われたり、
気ぐるみの正体見たりクルリだったり、
いんちょーさんのお兄さん、研究室長登場だったりです。

というか、この本のメインはいんちょーさんなのですよ。
ボンテージ全開だったり、首輪を付けられて涙目だったり、
挙句の果てに…!!!

伏線は張られましたが、LOVE方面はシメるんでしょうかね。
難しいところだ。春亮君が空気なのもよろしくないし。

そして、水瀬さんお気に入りの褐色っ娘、
ン・イゾイーさんはこの巻に限っては、便利に使われちゃって、
それだけになっちゃったけれど。
お気に入りって事は終わりではないのかしら。

それでは、また。


関連

C3 -シーキューブ- 4

C3 -シーキューブ- 3

電撃文庫MAGAZINE Vol.5

|

« 講談社ノベルス『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』 | トップページ | ガガガ文庫『人類は衰退しました 4』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/43578599

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 5』:

« 講談社ノベルス『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』 | トップページ | ガガガ文庫『人類は衰退しました 4』 »