« 電撃文庫『モーフィアスの教室 4』 | トップページ | VA文庫『名探偵失格な彼女』 »

電撃文庫『みずたまぱにっく。 3』

何度でも言いますが、七草マジックすげぇ。
な、シリーズ3冊目。

某所で言われていた、ジェンダーフリー(笑)という表現に、
大爆笑していたりしました。的を射すぎだ、それはwww

ただ、シリーズが継続してくれるのはとても嬉しいのだけど、
やっぱり続き物で一年に一冊は…なかなか記憶的に厳しい物が。

女子中に通うミズタマシロが、女子中のアイドル、薔薇の団の4人と、
いろいろ交流を図るお話。

2巻の千尋話に続いて、今巻は陽向のお話。
表紙の天然ボケっコです。

しかし、これでマシロよりちょっと背が大きいというのは無理があるような…。
マシロのチビッ子設定が反映されて無いだけという気もしますが。

マイペースでボケボケな陽向の秘密、という事で、
前巻で微妙に(あからさまに)出てきたアイツが大活躍なのです。

唐突にファンタジーになったなぁ、というのが今巻の感想かしら。

かなっちの存在もそうですが、ぬるぬるぬめぬめのアレも。
「入れんのかっ!?」と、全力で突っ込んでしまいましたよ。
学園モノな訳だし、そういうのは無しかと思ってたです。

お屋敷でのましろんも何気に、キャラ違うし。
でも、あれは可愛かったので良いか。

前巻、男前だったせいなのか、今巻のマシロはやたら女の子してましたな。
お化けもそうですが、πタッチとか。やってくれたぜ、かなっち。

あの場面を見るに、かなっちがただのマセガキ小学生なんですが、
奴だって同い年の中学生だよね…。
マセガキって、ジャンルで言うと要はツンデレだし、人気出るかなぁ。

私は断然めぐぅ派ですけども。
次巻が楽しみだ。
魔導書って何する気だ…。

それでは、また。


関連

みずたまぱにっく。 2

シニガミノバラッド。アンノウンスターズ。 1

しにがみのバラッド。 11

|

« 電撃文庫『モーフィアスの教室 4』 | トップページ | VA文庫『名探偵失格な彼女』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/43189788

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『みずたまぱにっく。 3』:

« 電撃文庫『モーフィアスの教室 4』 | トップページ | VA文庫『名探偵失格な彼女』 »