« 電撃文庫『泣空ヒツギの死者蘇生学』 | トップページ | 電撃文庫『みずたまぱにっく。 3』 »

電撃文庫『モーフィアスの教室 4』

うおぉ…完結してしまった……。
もうちょっと先かと思ってたですよ。

今年1月から始まったシリーズなんで、ちょうど1年くらいですか。
キリが良いといえば、まぁ、そうなのかも?

夢の世界とこちらの世界との門番である主人公が、
必殺悪夢お祓い人となり、学校とか遊園地とか商店街を飛び回るお話。

ちょっと違う気もしますが。

前巻の商店街爆破事件の所為で、街中に「赤い目」の噂が広まってしまい、
「赤い目」の悪夢を見る人達が大量発生。
夢の中で「赤い目」に襲われ、目の覚めなくなる人も出て来て、
自体は抜き差しならぬ局面に。

街の平和を守るため、こそこそとヒーロー活動。
誰にも知られずに敵と戦ってる主人公達カッコいい。

というテンプレから、唐突に街全体に事件が発生し、
これまでの「秘密」はどうなったんだよ、おい! という超展開は、
三上延氏のシリーズでは良くある事でして。

そら来た、いよいよ大詰めだぞ、わくわく。
とか待っていたら、存外、素直に終わってしまったのです。

「赤い目」の親探し、もしくは復活してからの攻略法探しとか、
もうちょっと切羽詰る場面が続くのかと期待していたんですが、
随分、展開が早かったですな。

ラスボスの「赤い目」が、当初の予想ほどモヤモヤした何かではなく、
きっちりとした個であった事も、ちょっと予想外。
悪夢なんていうモチーフだから、もっとワケの分からんモノかと。

そんな肩透かしもありつつ、しかし、
最後はお約束ながらも、なかなか面白く読めました。

やっぱ悪夢なんだからデスサイズですよね!
こうなってくると、ヘタレがカッコいいのかデスサイズがカッコいいのか微妙ですが。

こんなに被害の少ない終わり方はものすごく珍しいけれど、
エピローグがかなり最小限な感じなので、それは残念。

短編の一本くらい、棗とか正宗と馬鹿やりながら学園生活でもやって欲しいかも。
あと、個人的に妹ちゃんはもっと活躍して然るべきだと思う。
あ、綾乃ももっと罵倒するべきだと思う。

それでは、また。


関連

モーフィアスの教室 3

モーフィアスの教室 2

モーフィアスの教室 1

|

« 電撃文庫『泣空ヒツギの死者蘇生学』 | トップページ | 電撃文庫『みずたまぱにっく。 3』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/43166947

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『モーフィアスの教室 4』:

« 電撃文庫『泣空ヒツギの死者蘇生学』 | トップページ | 電撃文庫『みずたまぱにっく。 3』 »