« 電撃文庫『とある魔術の禁書目録 SS2』 | トップページ | MF文庫J『ねくろま6。』 »

角川文庫『推定少女』

桜庭一樹氏の過去作品。
ファミ通文庫で出ていた作品の再出版。

持ってないので欲しいけれど、この際ファミ通文庫版でもいいしなー、
とか思ったのですが、エンディングが「増えてる」と聞いたので、
この新装版を買うことに。

初期構想バッドエンド版と、ファミ通文庫収録用ハッピーエンド版と、
ハッピーエンドのリテイク版。

違いはこの3つのエンディングになっております。
あ、もちろん挿絵は無いですが。

ちょいとした(?)家庭内の不和から、逃亡した巣籠カナは、
全裸の不思議少女と出会って、一緒に逃避行を続けることに。

15歳、初めての受験、何にも出来ない子供、汚い大人。
桜庭一樹さんらしい、胃がきゅうきゅうするお話。

デザートイーグルとか、ケンタウロス第七星系とか、
相当無茶はしてますが、雰囲気は『砂糖菓子』それは間違いない。
テーマは違いますが。

15歳の心理描写が血反吐を吐くほどスゴイのは、いつも通りなんですが、
エンディングというか、物語の締め方には賛否両論出るかも。

これは何かの暗喩ではないか? とか思ったら駄目なような。
フィクションですから! エンターテイメントですから! と叫んで、
うやむやにしておかないと、不味そうな。

これはもはや、15歳が読んじゃいけないんじゃないか。そんな収束。

しかし、エグい。

15歳の黒い部分、ぐるぐるした所を見ても、
とりあえずは、うわぁぁぁぁぁぁ! となるだけなんですが、
対として出てくる大人たちが残らず全員、真っ黒なのがエグい。

15歳から見たこのお話では真っ黒なんだけど、
しかし、これが大人の“あるべき姿”だってのが、情けないというか。

どうしようもなく閉塞してしまった人間に対し、
共感して導いてあげる事と、共感の余地無く指示する事と。

その二つの解法は、どちらが正しいとは言えないものだけど、
でも、やっぱり絶対に解決できるスゴイ方法というのがあるんじゃないか、
という幻想を抱いてしまうのは、子供の発想なのか大人の発想なのか。

そのどちらでも無いからなのか。

この事に答えを見つける必要も、探す必要すら無いけれど、
でも、こういう事を考えて自覚する必要は、きっとあるんだろうな。

要は、この本、みんなに読んで欲しい。って事だけど。

それでは、また。


関連

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

荒野

赤朽葉家の伝説

|

« 電撃文庫『とある魔術の禁書目録 SS2』 | トップページ | MF文庫J『ねくろま6。』 »

10_その他」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/43206729

この記事へのトラックバック一覧です: 角川文庫『推定少女』:

« 電撃文庫『とある魔術の禁書目録 SS2』 | トップページ | MF文庫J『ねくろま6。』 »