« 角川スニーカー文庫『らき☆すた スーパー童話大戦』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『ミスマルカ興国物語 3』 »

とらドラ!vs禁書目録 電撃文庫MAGAZINE増刊

タイトルのアホさは、慣れるとなんて事無いですな。
コンテンツのアホさは、慣れようもありませんが。

電撃文庫MAGAZINEの初増刊という事で、
秋のアニメ化作品2つを冠して、しかし、中身はそればかりで無く。

コラボあり、復活あり、ノベライズありと、
正直、品薄とか心配したんですが、それほどでもなかったり。あれ?
やはり、幾らメジャーとはいえラノベという事か…。

まぁでも、今後、単行本になるかというとかなり怪しい作品ばかりなので、
気になる人は是非、この機会に入手した方が。

・DVD
電撃のアニメ化作品のCM集。
最近の奴は、深夜帯のを総なめしてりゃ幾らでも見れるんで、
まったく、どうとも思わないというか、それで? 感が。

しかし、2003年とか言われちゃうと、ひたすら懐かしいですな。
しにバラ・半月くらいまでは全部見てるからなー…。

キノはともかく、ドッコイダーとか。
いやー…阿智作品は忘れた頃に読みたくなるから困る。

でも、あれだ。
スタオペとか、どの面下げてアニメ化作品です! なんて言うかな。

…ホント、続きお願いします。水野先生ー!
刊行が止まってからわかる、面白さ。もう出ないんかな…。

・ポスター
で か す ぎ る w w w

猫の地球儀の方はともかく、イリヤ単品でこのでかさは、なんか酷いwww

・とらドラ・スピンオフ!
「THE END OF なつやすみ」という事で、4~5巻間の話です。
夏休みって、もうそんなに前か…。

夏休み最後の日なネタですが、宿題がどうのこうのではなく、
髪の毛伸ばしてイメチェンみたいな、割と私には縁の無い話。

そんな…バラ色ワクワクな高校時代なんてしらない。
でも、とらドラのカラーを考えるに実にらしい話か。

竜児と大河が、二人でイチャイチャする話で、
どっちかというと大河の意外な一面を見る話。
みのりんとばかちーはサブ。

この所の路線とはまだ遠いのでほんわかしますなぁ。
最後のオチが酷い。合掌。

・とらドラ! コミック出張版
とある夏の暑い日の一コマ、という感じですが、
これ、扉の子供プール描きたかっただけでは? という気も。

ゆゆぽ節が物足りない代わりに、やっぱり顔芸が面白いですな。
でもま、普通のラブコメか。これは。

・とある魔術の禁書目録
上条さんが禁書目録とデート中に、別の女の人と出会って不幸になる話。
いつも通りだ。短編だけど。

ついに、火星の宇宙人とか出てきましたよ、キタコレ!
かまちーのトンデモワールド、留まる所を知らないな…。

そしてやっぱり禁書目録は出オチで攫われて、
最後まで活躍なしとか、えー…正、ヒロイン? だよね?

でも、今回はフラグより禁書目録より、火星人だったな。
突然変異とは笑うしかないね…。

・とある科学の超電磁砲 番外編
内容に関しては、言う事は出来無いです。完全にネタ勝ち。

あ ほ す ぎ る ! ! !
コレは酷い! いいぞ、もっとやれ!

科学者はこうでなくてはいけないが、猟犬部隊は駄目だろそれじゃwww

・狼と香辛料 コミック番外編
小梅けいと氏が花魁ホロ、文倉十氏が魔法学園ホロたんを描いてます。

花魁ホロは普通に真面目(?)
一つ二両ってのは、どんだけかと思いますが。
りんごって、アレ舶来?

魔法学園の方は、ロレンスがアホ過ぎてなんかもう駄目だ。
良い意味で。

・断章のグリム コミック版
1巻のダイジェストを頑張ってみました、というような。

甲田学人さんのアレを視覚化すると、
やっぱり怖いというより、グロいんだなぁ、というか。

・空のウタカタ
電撃大王は良く分からないので、コラボと言われても…の1つめ。
渡瀬草一郎氏と、高野真之氏。

ファンタジー…とういかなんと言うか、異世界貴族モノというか?
相続放棄した貴族の娘っこと、その従者さんが飛空艇で旅へ。

貴族のしがらみとか、従者と主のしがらみとか、
その辺の王道を踏みしめた話です。

飛竜の生態なんかを語っているのほほんとした前半から、
突如として不安定になるギャップにやられたです。

良く良く考えれば、筋書きはどこかで聞いた様な感じなのに。
引きこまれてるんだろうか。

これは良い王道、これは良い短編。

・紫色のクオリア
うえお久光氏と、綱島志郎氏。

他の人間がロボットに見えてしまう女の子と、その親友の女の子の話。
男? そんなもんいらねーよ! と潔さすら感じる。

ただの変人ファイルと思いきや、すごい方向にもって行くうえお久光。
とにかく、これがさすがとしか。

しかし、短編にしっかりとロボ設定がっちり描いてくる、
綱島氏もなんかすごいな。

・血吸村へようこそ
阿智太郎氏とあらきかなお氏。

また吸血鬼か!!!

阿智さん、大好きだな吸血鬼。タイトル聞いただけで笑ってしまった。

地方の寒村に引っ越してきたら、突如、ハーレム状態でウハウハ。
お祭りがあるというので、ボクっ娘、後輩、会長、書記さんと、
皆に誘われ、引っ張りだこでお祭りに行ったら、教会の鐘と共に血祭りにされた。

みたいな。

それなんてサイレン?
と、設定だけ見るとホラーですが、阿智さんが書いてるんだからそんな事も無く。

ま、いつものハーレムとも違いますが。ラブコメはラブコメだな。
阿智作品は久しぶりだけど、相変わらずバカだなぁ。良い意味で。

・ソウル・アンダーテイカー
中村恵里加氏の、かつての、あのアレ。
ダブリの合間に出た、あの作品、もう見る事無いかと思ってたですよ。
何年前ですっけ?

とにかく、あの作品の番外編みたいな。
比呂緒が中学生の頃のお話、…ってもう、さっぱり覚えてないんですけど。

コレ読んで、比呂緒だけはちょっと思い出しました。
こういうキャラ居たなぁ、くらいで。

ダブリ終わったんでこっちが始まるなら、また1巻読んでみるかなー。

・竹泡対談
破壊と再生、というテーマなのですが、ま、いつもの通りね。

今回は竹田先輩がヒートアップしてて、ちょっと笑った。
あれ、これってこんなに漫才風だっただろうかと。

・学校を出よう!
もう見る事無いかと思ってたですよ。

というか、谷川流氏は…ほら、某分裂があるからさ。

一応、6巻の後の話、というかなんというか。
竹泡会談の宮野秀策と光明寺茉衣子バージョンみたいな感じ。
懐かしいけど、キャラはパチッとはまりますな。
あーあー、あったあった。みたいな。

そして、Continued on the following episode...となっているから、
続きはある様子。

でもなー…どう考えても分裂が出ないことには、
他が出るとは思えないんだよなー。

・世界樹の迷宮Ⅱ 諸王の聖杯ノベライズ
まさか電撃からセカキューのノベライズが出るとは思うまい。
そして、それが藤原祐氏が書くとは思うまい。

って訳で、情報聞いた時は目玉が飛び出るほど驚いてみたりしました。
日記であんなの書くくらいアレな藤原祐氏が、ねぇ。

しかし、日記で宣言したとおりに、ものすごく凄かったです。

主人公はドクトルマグス。
サブでブシドーさん。

そして、アーテリンデどライシュッツも出るよ! これ重要。

舞台となる第三階層あたりの描写やら、魔物の強さやら、
前作との絡みやら、なんかいろいろあって、ゲームやった人には堪らない。
ゲーム寄りではありますが、非常に良いノベライズかと。

とかく、オチが良かったなぁ。そこかよ、と。

それでは、また。


関連

電撃文庫MAGAZINE Vol.3

電撃文庫MAGAZINE Vol.2

電撃文庫MAGAZINE Vol.1

|

« 角川スニーカー文庫『らき☆すた スーパー童話大戦』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『ミスマルカ興国物語 3』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

10_その他」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/42895713

この記事へのトラックバック一覧です: とらドラ!vs禁書目録 電撃文庫MAGAZINE増刊:

« 角川スニーカー文庫『らき☆すた スーパー童話大戦』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『ミスマルカ興国物語 3』 »