« MF文庫J『さくらら!』 | トップページ | 電撃文庫『シニガミノバラッド。アンノウンスターズ。』 »

電撃文庫『まい・いまじね~しょん』

15周年記念企画で、電撃コラボレーション第一弾。

電撃hpの38号で開催されたアレと、
多数の作家さんを加えて、すごい事になってるです。
合わせて作家さん11人、絵師さん7人。

いや、こんなに加筆されてるとは。

他のコラボみたいなリレー形式ではなく、
表紙のこの絵から思いつく各々独自の短編一つずつ、お題形式です。

宇宙人かラブレターな感じのお話がほとんどですが、
いろいろ各作家さん毎のカラーが出てて、すごく楽しい。

電撃hpの時は読んでなかったので、今回のこの出版はありがたいですねぇ。
ってか、38号ってもう3年も前か…。

以下、個別で感想。

・お題
西E田氏の始まりの絵。
野郎はともかく、メガネっ娘があざといですな。
この本の中でも、これに影響された人がほとんど。

・カラー口絵
「れでぃ×ばと」のはいてないでお馴染みのむにゅう氏と、
今年デビューのイタチさんな京極しん氏。

むにゅう氏のはこの本ほぼ唯一のエ□ですな。何故、全裸…
この宇宙人と風呂でという構図は、某おねティーしか思いつかない。

京極しん氏のは、耳としっぽで、あぁ、あのイタチの人かと気付きました。
そんなカラーでいいのか。イタチ耳ではないですけどね。
しかし、しっぽ長過ぎだ。

・ラブレターズ
うえお久光氏担当。
幼馴染みのド真面目な恋愛モノ。変キャラもいるよ!
その辺のシリアスとコメディのギャップをこの短さで出せるのはさすがだなぁ、と。
うれしハズカシの幼馴染みな、アイツとこいつの距離も付かず離れずで、
ハラハラ出来て良かった。

ただ短編ながらも、他に比べれば長めのお話なので、
スタートダッシュには向かないのかも、とか思いました。

・先生かく語りき
時雨沢さん担当。
超絶アホ話。超宇宙人。

面白いんだけど、とにかくカタカナが読みづらいよ!

「ベムネメメグクエゲの分類法によればゲジェブメトッテレテの四十五だ」とか、
“チョッチュンパピレがムニュジェしますように”じゃねえよ!
私は頭の中で音読しちゃう派ので、非常に辛かったです。面白かったけど。

教育の観点から、嘘をついて良いってのはすげぇ画期的じゃないかな、と思いました。
ネットという検索ツールがあとちょっと全子供に与えられれば実施もアリじゃないかと。
ってか、私立だったらアリか。

・恋のフレーズは紙一重!?
エ□コメ作家で認知されている上月司氏の担当。

オーソドックスなラブレターラブコメ、宇宙人も居るよ!
いや、居ないか?

相方のむにゅう氏と違って、エ□要素はカケラも無し。
これを見て、妄想少女が良いと感じるか、やっぱりツンデレだよな!と感じるか。
王道の良さを再確認。

・イラストコラボ①
田上俊介氏の、イラストストーリー。

お題へのつなぎが面白かったけど、
とにかく間に挟まった、「大人になって私は現実を知った」が辛すぎる。
ここの絵が非常に切ない。社会人な人は要注意。

・恋愛のカミサマ
有川浩氏の担当。
弩ラブコメ。弩級の弩はドレッドノートのド。

なんでだか分かんないんですが、有沢さんの作品だと勘違いして読んでて、
うわー…まるで有川さんの様なこんなラブコメ書けたんだー、とか思ってました。
すごいごめんなさい。

女の子視点でのヤキモキの仕方とか、男の子のぶっきら棒加減とか、
あげくに家族からのからかわれ方とか。

気付いてみれば、どう見ても有川節ですよね。何で勘違いしたんだろ。
自衛隊が出てこないだけですよ。

・代理戦争とその人選における諸問題
お久しぶりな中村恵里加氏の担当。
ジャンルは…これなんだろ、アホ話かな? タイトルもそれっぽいし。

宇宙人とコンタクトしつつ、メタに突っ込みつつ、
コアなゲーム情報を入れてみて……って、すごい趣味だな。

メタなのがネタかと疑ってたら、スルーされてしまったので、
ちょっと空虚感が残りました、読後。

コアな話の方は、ほとんど理解できませんが、
古き良き時代のかほりは分かるので、おそらくオッサン殺しなんだと思われ。
前から思ってたんですが、中村さんって何歳なんだ…。

・僕とあなたの天体観測
五十嵐雄策氏の担当。

やっぱりラブコメ。
不思議ちゃんというか、変キャラな女の子に振り回される男の子のお話。
ただの変な娘かと思ったら、なんだか良い話に持って行くいつもの五十嵐節。

でも、最後の一ひねりがすごい面白かった。その発想は無かった。
男の子、やるじゃん。

・イラストコラボ②
さそりがため氏の四コマ。

ゆーびんですかぁーっ!?
これに尽きる。やられた。笑った。

・SMOKING CHAIN
有沢まみず氏の担当。
最初によく分かんない場面から始まるものの、普通にラブコメ。

…かと思いきや。大どんでん返し。なんぞこれ…。

こういうカラーの有沢さんも、まぁ知ってますけど、
ここで来るとは思わなかった。げげげげげ。
すごい……浮いてます……。

オチも凄絶すぎて、むしろ吹いた。

・イラストコラボ③
三日月かける氏の掌編コミック。

まぁ、ラブコメ。
セリフが無いので、ちょっと描写が分かりづらいような気もしますが。

しかし、壱号を作る女の子の技術力が凄すぎる。

・タカチアカネの巧みなる小細工
柴村仁氏の担当。

やっぱりラブコメ。
他ではあんまり良い所の無い、少年側がメインなので、
少年らしいアホさとか青さとか、でもやっぱり恋しちゃうとか、なんか新鮮。
少年がカッコ良かったので、良し。

しかし、手作りストラップに500円は、どうなんだ。

・守ってくれる? アダムスキー
古橋秀之氏の担当。

見えない宇宙人が見えちゃう超絶不思議ちゃんと、
それに惚れてるお節介焼きな少年のラブコメ。

…だと思ったら、あれれー?

不思議ちゃんが怪しいラブレター貰って、
差出人が、ものすごい怪しいポスターサーベル装備のガリオタで、
なんかラブホに連れ込まれようとしてるので、少年が助けに入って、
って所までは、覚えてるけどその後の記憶が無いぞ? って事にしておきます。

日本語でおkと思ったら、日本語訳ちゃんとあるので安心。
正樹つえぇぇ!

関係ないですが、ケルベロスマダー?

・シンデレラ
岩田洋季氏の担当。

ガチガチの恋愛小説。ラブコメでは無し。
女の子視点で、それはそれはすごい甘くて切ない心理描写がてんこ盛り。
並み居る作家さんの中で、岩田さんがこれをやるとは思わなかった。

しかし、これを読んで、もう恋してみたいとか言える年齢じゃないので、
それがちょっと残念。

・イラストコラボ④
山本ケイジ氏の一枚絵。

何 故 す ぱ ろ ぼ ! ?

手紙→当選、緊張気味→戦い って事ですか? 分かりません><
多分、ガオガイガーかグレンラガンを見た直後に、仕事の依頼が来たんでしょう。

・クランクはいつもアップアップ
待ってました、成田良悟氏の締め。

このカオスで全く繋がりの無い今までの作品を、繋げてしまうという荒業。
これがもう、すごすぎる!

クククじゃないよ。テンションおかしいよ!

それで繋ぎを付けつつ、いつの間にかちゃんとラブコメしてる不思議。
目隠れっ娘スキーなのは知ってましたが、自分で出してきやがりましたよ。

さすが成田良悟! 俺たちに出来ない事を平然と(以下略

それでは、また。

|

« MF文庫J『さくらら!』 | トップページ | 電撃文庫『シニガミノバラッド。アンノウンスターズ。』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/42763969

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『まい・いまじね~しょん』:

« MF文庫J『さくらら!』 | トップページ | 電撃文庫『シニガミノバラッド。アンノウンスターズ。』 »