« 角川スニーカー文庫『ミスマルカ興国物語 3』 | トップページ | 一迅社文庫『女帝・龍凰院麟音の初恋 2』 »

電撃文庫『キノの旅 12』

1年に1度の定期刊行。
今年の『キノ』がやってきました。

おとなもこどももおねーさんも。
皆さん、いつものキノがやってきましたよー、と。

・山賊達の話
3組の旅人を対比させる、恒例のスタイル。
キノを一発で見破る若者さんはさすがとしか言いようが無いが、
イラスト吹いた!

星が! 星が瞬いている!

・パクリの国
電撃文庫MAGAZINE立ち上げの、プロローグ1に載った話。
茶色のコートがキノスタイル。
それがジャスティスってことですね。分かります。

キノグッズって、結構出てると思うけど、
コートはあったんだっけ?

・願い
いつも思うんだけど、エルメスが寝てると、
モトラドは走らないんだろうか?

エルメスが寝てることで被るデメリットが、良く分かってない。
しかし、キノは早起き過ぎるから、エルメスも大変っちゃ大変だ。

・正義の国
電撃hp最終号に載った話。
そうか、あのイベントが丁度1年前か…。

ティーの一言が、タイトルとなっている訳ですが、
それは正義なんだろうか。

己の中の理を貫いた、という点は確かに同じだが、
それは本質として同じなのかどうなのか。
美化されたものだけを見ているから、おかしく感じるのか。

・悪魔が来た国
化粧品、化粧品ですか…。
そのために作られたアレだとするなら、それは本当に食べられるのか?

しかし、悪魔と分かっても和気藹々な国民達には和んだ。

・求める国
誰が裏切り者なのか。

平和主義にも裏はあるって事か。
そういう風には考えた事無かったな。平和ボケです。
日本はどうなのかな。

・日時計の国
電撃文庫MAGAZINE文庫に収録された話。

50年の努力か。なんともはや。

素朴な疑問として、惑星上どこにでも撃ちこめる砲ってのの、
最大射撃距離は半周で良いのでは? とは思いますな。

マスドライバーだってから、関係ないですけど。
すごいね、ムカデ砲。

・努力をする国
単純に論理が破綻してるだけの話、ではある。

でもまぁ、最後のフレーズは素晴らしいものですな。

でも、個人輸送して大層儲かるなら、
定期便の本数増えるとかありそうなものだけど。

・寄付の国/続・寄付の話
出たー! ついに再びのカバー裏きた!
今回は目次にもキッチリ書いてあるから、平気な気もしますが、
一応、「続」の方は先にカバー裏見てないと面白くないと思われ。

まんまなネタで、フィクションだから笑えますが、
現実だと実に鬱ですな。あーあ…。

・手紙の話
手紙にはいろんなドラマがありますよね、って話。
ポストガール思い出した。懐かしい。

結局は、使命の話であり、
自分が価値を見出した物に、他人が価値を見出すとは限らないという話ですね。
手紙を受け取る時に「ありがとう」と言葉を交わすってのは、
今だとちょっと考えられない、と気付いて、変な気分。
世知辛い世の中だなぁ、的な意味で。

・賭の話
ちょ、まっ、オチがねぇ!!! あれ!?

・徳を積む国
冒険者パラメータの一つである、カルマ値が見える国の話ですな。

一つの究極のシステムではあるんでしょうが、
やはり、こうなるとその数値に価値が出てしまうので、
それで良いのか? という気はします。

徳を積むために他人に良いことをするのではなく、
その数値を上げるために他人に良いことをする、というのは有りや無しや?

・雲の前で
まさかの「雲の中で a/b」前日談。
そのものまさに前日談ですな。うわー…。

これは、無いとは思いますが、また一人旅人が増えたですかね?
さてはて。今後に注目。

しかし叙述はさっぱり見破れんぜ…。

・幸せの中で a/b
単純にクローンとかじゃないってのが、キツい…。

・あとがき
あー、そうか、ついにこの時が来てしまったか。
これが再収監かー。ん?

3部作1セットなのは意図的だったのですね。
アリソンとかリリトレとかは分かり易いですが、キノもだったのか。

再収監ついでに、文庫の出来上がるまでが滔々と語られているので、
ちょっと興味深い。作家さんのブログでしか知らない事だからなー。

して、キノはあと3年は続くって事かな?

それでは、また。


関連

キノの旅 11

メグとセロン 3

電撃文庫MAGAZINE Vol.1

|

« 角川スニーカー文庫『ミスマルカ興国物語 3』 | トップページ | 一迅社文庫『女帝・龍凰院麟音の初恋 2』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「賭けの話」のオチは

「その国には四輪自動車と自転車しかない」
「賭けを決めてから車も自転車も通っていない」
「賭けを決めて最初に『乗り物』に乗って来たのはキノ」

を踏まえれば解るはず

投稿: ダニエル・ジャック | 2009年4月15日 (水) 15時02分

ダニエル・ジャックさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

この壮大に賭けた人々がキノをみて、その後どうしたかと言うのが、
気になって夜も眠れないのです。
この国の人々のプロフィールをここまで細かに決めておいて、
そのオチで全部投げるとは…。

投稿: サトロ(管理人) | 2009年4月19日 (日) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/42909194

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『キノの旅 12』:

« 角川スニーカー文庫『ミスマルカ興国物語 3』 | トップページ | 一迅社文庫『女帝・龍凰院麟音の初恋 2』 »