« MF文庫J『ラノベ部』 | トップページ | このラノ2009投票 »

GA文庫『お隣の魔法使い 4』

季節ごとのイベントをあの手この手で「素敵」にしてくれる
魔法使いっぽいお隣さんとの交流を描いたお話。

ほのぼの日常系、ちょっと不思議入り。

4巻って事で、4年目…ではなく、
時系列バラバラで前3巻の合間に挟まる話だそうで。

時系列とか、本筋的にはあんまり関係ないですけどね。
メアリーとツクツクさんが、3巻以上に仲良くなってたりはしない、
という事くらい。
ま、呼び方違うくらいで、十分仲良しですし。

<春>
・ジャム作りの話
へー、ジャムってそう作るんだー。
花のジャムっての、聞いたことはありますが、
こうして考えてみると不思議なもんですよね。

ミルクのジャムとか、その発想は無かった。
液体で出来るなら、確かにツクツクさんの食糧庫にある奴、
全部出来そうですな。

しかし、この話の一番の見所はやっぱり冒頭の桜の花びらを集める場面。
その様子を思い浮かべると笑わずには居られない。

・バードウォッチングな話
バードテーブルってどういうもんかと思ってたら、こういう事か。

しかし、突っ込んじゃいけないとは思いつつもあえて言いますが、
鳥来すぎw ペンギンやらダチョウて。

そして求愛されるメアリーが実に可愛い。

・釣堀で大物を釣り上げる話
鳥に続いて、魚かと思いきやそんな事にはならず。

たくさんのガラクタを釣り上げる、メアリーとツクツクさん。
木彫りの熊も大概アレですが、こいのぼりとは恐れ入った。

イラストと最後の文章で、オチにしか見えないけど、
きっとメアリーは大物を釣り上げたのだと信じたい。

<夏>
・空に虹をかける話
虹の色数の話は、興味深い。
そう言われてみれば、青と藍の違いなんか見れただろうか?

5色で五行思想とか、そんな事あったのかしら。
赤が火、橙が土、黄が金で緑が木、青藍紫で水か?
相克、相生にはなってないから、数だけかな。

「ヨーク家のリチャードは戦いを挑んだが、無駄だった」
みたいな、虹色の覚え方って、日本語にはあるのかな。
聞いた事無い。

・水琴窟で納涼する話
頑張って説明されたけど、さっぱり分かんなかったぜ水琴窟。
最初、シシオドシでも作ってるのかと思った。

こればっかりは聞いてみないことには分からんですな。
ググってみたら音色は聞けたけど、現地で聞くのとはまた違うんだろうし。

・バルーンフェスティバルな話
気球に乗ったり、バルーンアートで遊んだり。

バルーンアートは、アレ凄い。
まわして捻ってこすって、良く思いつくなぁと。
この感動は、折り紙に通じるものがある。

ちょっとだけ出てきたビニールポリバルーンは、私あんまり好きじゃなかったり。
やっぱシャボン玉でしょう! あれは、割れてこそだよ!

気球はどんな感じか想像付かないですが、
あの不安定さはすごく怖そう。

<秋>
・発掘キットで化石を掘り出す話
カツーンカツーンって、最初、丑の刻参りかと思ったり。
それじゃ、どうしたってコメディになりませんが。

しかし化石掘りは、男のロマンですよね。
なんであんなに恐竜やら古生代の生き物に興味深々だったんだろう。
今でも聞いただけでワクワクしますが。

発掘キットってのも普通にあるのかな。

・落雷でおかしくなる話
今巻の中で屈指の傑作。

すげー笑った。メイドさんすげー!
というか、これはつまりあの彼女は電動って事を示しているの?
そんなのは認めませんが。

・ミニチュアミュージアムな話
張り紙笑った。

ミニチュアに入ってる本棚の中の豆本ってどんなサイズなのかと。
それでもルーペで文字読めるって、どんだけなのかと。

博物館の博物館展って、どんなだろう。
暗にこのミニチュアが…と言ってるけど、それはもうホラーの域なので考えない。

<冬>
・大晦日で除夜の鐘な話
しかし、ツクツクさんの家は何でもあるな。
除夜の鐘って、個人用の奴あるんだ…。

探し物と見せかけて、実は大掃除の最中に脱線中のような雰囲気というのが、
大晦日っぽい。

喉自慢大会で使ってるのが、チューブラーベルというのは良いことを知った。

・スキーで転んだり、雪だるま達と戯れる話
涙目で及び腰なメアリーが素晴らしい。

雪だるまとスノーマンって違うんだなぁ。
そう言われてみれば、スノーマンって3段だったような。
あれ、足だったのか。

逆に雪うさぎなんて、向こうには無いような気がしてた。
特に根拠も無いですが。

それよりもなによりも、滑り台で抱き合ってる二人が一番ニヤニヤ出来ますがね。

・注文すれば何でも来る本を眺める話
目移りしちゃうのは分かる気がするです。
頼みまではしないんですが。

しかしツクツクさんの道楽はどこまで続くのか。
最後は何気に、告白かと思われますが。どうだろう。

表紙は四季一周しましたが、まだ続くのかな。

それでは、また。


関連

お隣の魔法使い 3

お隣の魔法使い 2

お隣の魔法使い 1

|

« MF文庫J『ラノベ部』 | トップページ | このラノ2009投票 »

07_GA・HJ・スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/42691023

この記事へのトラックバック一覧です: GA文庫『お隣の魔法使い 4』:

« MF文庫J『ラノベ部』 | トップページ | このラノ2009投票 »