« 電撃文庫『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 6』 | トップページ | 電撃文庫『ツァラトゥストラへの階段 3』 »

アスキーメディアワークス『別冊図書館戦争 2』

自衛隊(っぽい何か)銃撃戦、ベタ甘と、
有川浩氏の大好きなもの、メ一杯詰め込んだシリーズ。
ただし、怪獣は出ないけどな!

大好きだった図書館戦争もついに最終巻。

別冊とはなってますが、普通に後日談。
別冊1の後、堂上と笠原が幾分落ち着いてからの、
別のペアのお話、と短編。

こう後日談ががっちり来たので、
終わっちまったー、という感じではないですな。

みんな幸せやっほーーーい! というか。
面白おかしく、綺麗にスッパリ纏めてくれて言う事無い。

登場人物が皆大人だからってのもあるかもですな。
落ち着く方向さえ見ちゃえば、あとは安定するんだろうなって安心感が。

子供っぽい大人達ではありますが、それだからこそ面白かったのだし。

堂上と郁は落ち着いちゃってるし蚊帳の外だし、
例の別のペアは頭良い冷めた奴らだしで、前巻ほどモキュモキュはしませんが、
予想通りにベタベタしやがりますので、安心して下さい。

・「もしもタイムマシンがあったら」
例の電撃文庫MAGAZINEのプロローグ1に載った緒方副隊長の話。
別冊1に入り込む隙間が無かったので、こっちに。

冒頭が堂上“夫妻”の掛け合いになってて、吹いた。
前はフツーに隊内での談笑だったのに。あっさり時間軸が。
(と言っても、作者の意図通りらしいですけども)

過去話の方は、そのままなので本筋は変わりませんが。
意識しないと何にも気付けないよ。という話。

あくまで良化法については、良い所をさっぱり語りませんが、
悪い物だと思っていても順応しちゃうもんなんですかねぇ。

なんだかんだで最後のオチがハッピーなので良し。
オジサマ、オバサマ好きだなぁ。

・「昔の話を聞かせて」
堂上と小牧の入隊時の苦労話と見せかけて、
堂上と郁がベタベタ甘々、ノロケる話。
ついでに時間軸的にもう出来ない銃撃戦とかしたかったんだろうな。

昔話の方は堂上と小牧が張り合って失敗したり、
堂上が突っ走ってピンチになったところを小牧がサポートして事なきを得たり、
好敵手が「とも」と読めるようになる過程かしら。
あんまり好敵手って感じでは無いですが。

しかし事故を装ってってのは、かなり犯罪臭がします。無茶苦茶だなぁ。
それを言ったら、そもそも銃撃戦が有り得ない訳だから、良いのか?

そっちの話より、郁が教官と慕われる様が面白かったですな。
生徒(?)が、かーわーいーいー。

小牧さんの「殺すよ?」もかなり爆笑しましたが。

・「背中合わせの二人 1~3」
3章構成でいよいよ今巻のメインディッシュ。手塚と柴崎ペア。

お話としては柴崎のストーカー被害を手塚がフォローみたいな。

第1話での小物ストーカーも、2,3話での真性HENTAIさんも、
ホントにこんなの居るのかというくらい自分勝手でびっくり。
でも、居るんだろうなぁ。それも結構な数が。
まぁ、犯罪心理はどうでもいいか。

それの被害者である柴崎ですが、思った以上に弱々しかったですな。

どのくらい深刻なことかってのは、正直分からんですが、
コラ発見時の郁の怒りっぷりに釣られて、なんか涙出てきちゃいましたよ。

情けないやら悔しいやら。その気持は分かる。

犯人については、お話的に予想は付いてましたが、
予想以上に腹の立つ言い分で、凄いなこれ。

確かにこれで「式」が無かったら後味悪さは、ちょっと残ったかも。
ああ、素晴らしきかな結婚式。あれは反則。

シリーズ6冊お疲れ様でした。
非常に楽しく読めました。ありがとうございました。

それでは、また。


関連

別冊図書館戦争 1

図書館革命

図書館危機

|

« 電撃文庫『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 6』 | トップページ | 電撃文庫『ツァラトゥストラへの階段 3』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

またまたお久しぶりです!
これいいですよね~w
「昔の話を聞かせて」が予想以上にべたべたで吃驚しましたw
なんとなく予想はしてたんですけどねww
でもやっぱり「背中合わせの二人」がいいですね。
柴崎は女だったんだなーって感じですし、手塚も公私混合な感じがおぉ!?って感じが私はしましたねw

投稿: まる | 2008年9月30日 (火) 12時55分

>まるさん
どうもお久しぶりです。

発刊から間が空いてしまいましたが、ようやく読めました。

正直ここまで大事件になっても、まだくっつかないんではないかという可能性を疑っていたので、ラストの告白合戦がかなりキましたね。

堂上・郁ペアとはまた違った意味でのこれも「暴走」かなぁ、とか思ったり。

投稿: サトロ(管理人) | 2008年9月30日 (火) 21時11分

手塚&柴崎ペアは無駄にぶきっちょですもんねww
あの二人はここまでないとくっつかないってのもかなりの納得だったりします。
柴崎おめでとう!って心の底から言える感じですね。

投稿: まる | 2008年10月 1日 (水) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/42622064

この記事へのトラックバック一覧です: アスキーメディアワークス『別冊図書館戦争 2』:

« 電撃文庫『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 6』 | トップページ | 電撃文庫『ツァラトゥストラへの階段 3』 »