« 電撃文庫『森口織人の陰陽道 1』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 8』 »

電撃文庫『C3 -シーキューブ- 4』

4巻達成おめでとー!
という訳で、水瀬葉月氏のシリーズ初4巻。

あとがきでも盛り上がってる通り、まずそこに喜んでおきますか。

そんなこんなで、呪いの道具達の饗宴はまだ続きます。
ビブオーリオ家族会編、後編。

いや、ニコニコシスターさんがまた出てくるだけですが。

川原で出会った不思議な娘が、実は呪いの○で、
かなり恣意的な展開で同居する事になったと思ったら、
ニコニコシスターさん再登場&何故か不思議っ娘裏切る。

そして、決戦の舞台は体育祭・・・。おや?

みたいな。

展開だけで見るなら、某魔女カリの2巻に似てるが、
水瀬さんが黒いか白いかで、こうまで違うとは。

そもそも、このシリーズは水瀬って事だったはずですが、
かなり希薄になってきてる気がする。
「呪い」って文法に慣れちゃっただけかな。

そういう具合で、新キャラの目隠れっ娘、藍子が、
前半はカッ飛ばしてハレンチスターなのです。

それは作者本人が狂喜乱舞するほどなので、実に良いのですが、
後半は意外にも春亮君が、アレな事になってしまうので、
フィア、このは、黒絵の3人娘がメイン。

いきなりの黒絵のターンに目を回したのは私だけでは無いはず。
フィアはまぁ、メインヒロインなのでいつも通りとして、
このはだけ微妙にハブ?

思い余ってかなり黒かったですけど、
なんのかんのと意味も無く触手されたり、ラストのオチに使われたり、
なんだかあんまりなシーンばっかりという気がしてきた。

そういや、今回もバトル回だったのに、
いんちょーさんとサヴェレンティは全く関与しませんでしたな。
さすがに飽和状態なのか。

さて、最後にポッキリ行ってしまわれた敵役の方々は…
再登場するような、これっきりのような。今後の巻数次第なんでしょうかね。
クルリなんかはちょっと消化不良のような気もしますが。

では5巻と、この調子ならもしかしたらの短編集も期待しちゃいますか。

それでは、また。


関連

C3 -シーキューブ- 3

C3 -シーキューブ- 2

C3 -シーキューブ- 1

|

« 電撃文庫『森口織人の陰陽道 1』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 8』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/42304622

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 4』:

« 電撃文庫『森口織人の陰陽道 1』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 8』 »