« 電撃文庫『輪環の魔導師 3』 | トップページ | 電撃文庫『銀色ふわり』 »

宙出版『となりの801ちゃん 3』

アニメ化とかすごいね!
この流れは絶対におかしいのだけど、肯定せざるを得ないね!

とりあえず、差額とか良く分かんないままに限定版買って来ました。
なぜならそこに限定版があったから。

いや、ホントは絶望したからですが。
限定版といったらアンソロですよねー。

3巻も今まで通りのアホテイストで大満足。
今巻もあんまり更新なかったので、かなりの部分描き下ろし。スゲー。

そして、コミケにせよ801にせよ、
世の中には恐ろしい世界が広がっているものですなー。

ワタシニハ、ヨクワカリマセンガ。

という訳で、以下テキトーに抜粋して、感想というかツッコミ。
さり気なくサブタイのセンスが堪らないですな。

・電王
さすがに分からない…。
私のIMEは「でんおう」で変換しても「電脳」しか出ません。
でも分かる友達はいるので感想を聞いてみたいところ。
決め台詞とか設定だけ見ると、確かに楽しそうなんですが。

・何故か…姉の部屋に…
妹ちゃんかわいいよ妹ちゃん。
って、多分実在の娘なので、こういうの言うと危険なのかもですが。

この妹ちゃんの周りの人間はかなりアグレッシブにオタ肯定していますが、
侵食度がイマイチ分からんので、普遍なのかどうかは微妙ですなー。
こういうの見るたびに、もう日本のどこにでもある風景という気がしてしまう。
でも違うんでしょ? 違うって言ってくれよ!

・なぜ泣く!!
む、むずかしいこというなぁ…。
これは涙なくして語れない。チベ君に合掌。

・自分のパソコン
メールとネットと文章書きまでなら、どうとでもなるけど、
やっぱり絵を描こうとしたら、スペック要るよなー、なんて思ったり。
パソコンスペックっていうか、ディスプレイのような気もするけど。

でも…そうか、これも中二病か…。

・BLでも超妊娠するよ
その発想があると知ってしまえば、さも有りなんという気がしてくる不思議。
まぁ、そうだよね…。想像の翼はどこまでも飛んでいくよね…。

・一人称が俺
なんか野郎の視点からすると、それはそれで別の夢な気がしてるんですが。
そうか、それは中二病だったのか…。

・でも同じことされたら たぶん同じことするよ
なんで恋路だと修羅場って超リアルなんでしょうね。
そっかー、nice boat.は出来ちゃうかー。

・黄昏よりもくらきもの
あー、あるあ…

あるあるあるあるwww

さすがにもう思い出せませんが、片っ端から呪文覚えたなー。
あれが中二病という奴だったのか…。ちゃんと私も罹ってたんだなー。

・創世のアクエリオン 太陽の翼
裏切りの翼は見たんですけどねー。どこかで。

どうなったんだろうアクエリオン。
アルジュナも見てたはずだけど、あんまり覚えてないな…。
マメシバしか覚えてない。

・親連れ幼女
子供が行きたいと言うのは、有りだとは思います。
自分もコミケという単語を知ったのは、チャレンジ6年生だったし。

だけど、実際のアレを見ると子供にはキツイと思うんだが…。
体力的にも精神的にも。

・大丈夫! 島の端から端まで買う簡単なお仕事です
素 晴 ら し い !

名言すぎる!!! 涙出た!!!

ただ尊敬はするが、そこに至る道を思うとやはり抵抗は残りますね。

・ぼくのなつやすみ
えーーーっ!!

チベ君報われないなぁ…。これが女性というやつなのかしら。

・今まで自分のことをレベルの高い○リコンだと思っていたけど……。
そういう意味では、女性って優位ですよね。
勘違いかもしれませんが。

・図書館のティーンズコーナーに
お世話になりました。

ま、普通に考えて今なら「初めての同人誌の作り方」って、
平置きされてそう。

・ショタケット
ある意味でコミケしか知らない私のような人間は、
他のイベントには行けない気がする。

コミケは同人イベントだけど、次元が違うんだろうなと薄々気が付いてる。

・ニアミス
怖い…これは怖い…。
野郎とおにゃのこでは意味が違うのかもしれないけど、
大本の所は同じだと思う。

・入籍

な ん で す と ー !
その発想は無かった…。

いや、すみません。
改めて。

おめでとうございます!

あらまー、それはそれは。他人事だけども。
すげーサプライズだったです。あらまー。

・ゼクシィ
ゼクシィを売ってた側からすると、
コミケカタログってあのゼクシィ並みなのかよ、どんだけだよ。
…となります。

そうか、コミケカタログに縁のある人は、ゼクシィの方に鮮烈なのか。

・限定版特典小冊子
す、すごいな…これは…。

作家さんの作品とかほとんど分かんないけど、
レディコミコーナーでお馴染みの人達なのは分かる。

しかし…「おめでとう」なのは分かるんだけど…。
チベ君のお相手が801ちゃんじゃないと駄目なんじゃ…。

それでは、また。


関連

となりの801ちゃん 2

|

« 電撃文庫『輪環の魔導師 3』 | トップページ | 電撃文庫『銀色ふわり』 »

10_その他」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/41916623

この記事へのトラックバック一覧です: 宙出版『となりの801ちゃん 3』:

« 電撃文庫『輪環の魔導師 3』 | トップページ | 電撃文庫『銀色ふわり』 »