« 富士見ミステリー文庫『SHI-NO -シノ- 8』 | トップページ | ラノベの夏フェアまとめ2008 »

スーパーダッシュ文庫『ラブ★ゆう 6』

姫勇者と召喚士とお嬢様とお姉ちゃんとで
ラブラブしたりするハーレム系ラブコメ。

毎回、決して新鮮ではないはずなのに、クスリとくるのがニクいのです。
順調に6巻に来てしまいましたし。

ヒロイン他を使い果たし、ここで、表紙ダレー?路線なのかと思ったら、
既出キャラでした。いや、忘れてましたが。

でも、これは一言云わざるを得ない。
こんな可愛い子が(ry では無い。

朧が先だろ!?

そんな訳で6巻は引き続きというかなんというか、文化祭のお話。

文化祭と言えば……、メイド喫茶です。
案の上、メイド喫茶ではあるんですが、ついでにホストクラブもあるのです。

いやいや…、二人以上野郎が居ればそれなりに需要も見込めようというものだが、
このお話には主人公と名も無きクラスメイトしか居ないではないか。

しかも、別荘とか自宅とかバトルばっかりだったから、
クラスメイトとか久しぶりに見た気がするし。

一体、ホストクラブとか書いて何をするつもりなんだ…

と言いつつ、ホストクラブネタは結構、面白かったです。
俊がアホというか、ヒロインズがノリノリだったので。

それにあんまり縁が無いですしね。ドンペリの色ってそんなに重要だったのか…。

やっぱりメイド喫茶だけだと食傷気味だって事なのかもしれません。
ってか、ヒロイン4人(+1)なのに、メイド姿がイラストになってるのは、
ロザリーしか居ないし。

ただね、この壮絶なアホ貢ぎ勝負の後に、あんな話になるなんて、
この時の私は知らなかったのでした――

この巻は4話中2話で「こんなに可愛い子が(ry」をかましている、
そういう巻であって、だからこそ表紙もあの人だったのだと思うのです。

そして、残りの2話中1つは本筋を進める話で、
もう1つが撫子の話、これも妥当ですよ。

元々エ○ゲライクなハーレム物だし、絵師さんも絵師さんだから、
この“撫子の話”でお風呂でばったりイベントとか、
体の中心を踏まれるイベントとか、そういうのもまぁ、予想の範囲内。

でも、でもね。

腹ボテーーーーーーーーー!?

あははウフフとか誤魔化してますけど、これいいのか!?
そこまでやっていいのか…?

ラノ倫とかに消され…あー、そんなの無いか…。
いや…びっくりした。いろいろ頭の中、消し飛んだ…。

みちるもその後に結構頑張っていたんですけどね…。
初めましてで顔面○乗とか、変態過ぎる。いいぞもっとやれ。

さて、お話はいよいよ(?)大激突の模様。
次巻に持ち越しちゃいましたが。

対戦表を見るに、朧が噛ませ犬で終わっちゃうっぽくて切ない。

なんとか頑張って欲しい。

最後にあとがきを読んで慌ててサイト見に行ったら、
ホントに体験版置いてありました『天使郷(ヘブン)』とやら。

フィリシエラの頃もサイト見てたので、
あー、ついにそっちに行ったかー…という感じではあります。

ダウソはしたので、追々やってみたいと思います。いつか。いつか…。
とりあえず宣伝まで。

それでは、また。


関連

ラブ★ゆう 5

ラブ★ゆう 4

ラブ★ゆう 3

|

« 富士見ミステリー文庫『SHI-NO -シノ- 8』 | トップページ | ラノベの夏フェアまとめ2008 »

07_GA・HJ・スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/41999275

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーダッシュ文庫『ラブ★ゆう 6』:

« 富士見ミステリー文庫『SHI-NO -シノ- 8』 | トップページ | ラノベの夏フェアまとめ2008 »