« ガガガ文庫『AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~』 | トップページ | 一迅社文庫『さくらファミリア!』 »

富士見ファンタジア文庫『生徒会の三振』

コミック化決定の生徒会室での駄弁りコメディ。

表紙は順当に深夏でした。
真冬の可能性もあるかなー、とか思ったのですが。

しかし、アメリカ、さきいかは予想の範囲内でしたが、
民営化には噴いたです。
これから民営ってことは、今は…公営だったのか…。

7+1話中、3話くらいが深夏回で、表紙に偽り無し。

ツインテールなのに金髪でもなければツンデレでもなく、
微妙に常識人だったため、影の薄かった深夏巻です。

「知られざる生徒会」か「差し伸べる生徒会」、
どっちが良かったか、といわれたら「知られざる~」ですかね。

作者に踊らされてるのは分かるけど、それでもこれは一つの醍醐味。
杉崎のヘタレっぷりはキャラ違いのような気もするけど、
あんまりキニシナイ。

「差し伸べる~」は何気に最後、真冬ちゃんが掻っ攫って行っちゃいましたし。

とは言え、個人的にお気に入りなのは、「旅立つ生徒会」なんですけども。
RPGツクールネタ。

ちょっぴり黒い歴史が見え隠れ。中二病ネタを続けて読むのは危険だな…。
連続殺人犯ベスとか裏武器屋とかシュールすぎる。

しかし、なにより真冬ちゃんの「会長さんですから」と、
最後の「くす」トキメキました。
この話以外でも、今巻真冬ちゃんはいい感じに壊れてて面白かったです。
リリシアさん回とか。

対する会長は完全に壊れてましたなー。
なんか会長は「アホの子」以上の何かになりつつあるような気がする。
1巻で出番使っちゃったから、もう挽回の機会も無い気がする。
これがいわゆる汚名挽回という奴か。

そういえば、結局「差し伸べる~」は姉妹両名のエピソードになっちゃいましたが、
4巻はどうなるのかしら。

4巻というか、次の次の巻?

次はどうやら連載まとめ巻らしいのですが、やっぱり外伝ナンバーになるんだろうか。
富士見らしく。

それでは、また。


関連

二年B組の一存

生徒会の二心

生徒会の一存

|

« ガガガ文庫『AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~』 | トップページ | 一迅社文庫『さくらファミリア!』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/41973858

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『生徒会の三振』:

« ガガガ文庫『AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~』 | トップページ | 一迅社文庫『さくらファミリア!』 »