« 電撃文庫『メグとセロン 3』 | トップページ | 宙出版『となりの801ちゃん 3』 »

電撃文庫『輪環の魔導師 3』

定期刊行でいろいろ安心。
良質猫ファンタジー、3冊目。

何故にケーキナイフがカッコ良く見えるのか…。
猫にピッタリのケーキナイフという事なのか、
アルカインだからケーキナイフですらカッコ良いという事なのか。

お話は2巻の続き。
ついに噂のお姫様との邂逅編です。

お姫様が逃げた先は、まるっきり迷宮な廃坑で、
そこで姫様を探してセロとフィノが迷ったり、
魔族が出てきて激突したりしなかったり。

という事で、今巻のVIPであるイリアード姫。
黒狼の姫というから、どんな人かと思いましたが、
いわゆる気さくな王族さんで、渡瀬作品的には普通の方でした。

むしろ、カラー口絵的には普通に「らしい」姫様か。
かなり無意味な露出ですが、そこは作者サービスという奴ですな。

お話的には中心人物なんですが、あまり今巻では活躍しなかったですな。
性別的にフィノと絡むのかというと、それほどフラグも立って無いっぽいですし。
あ、パナンゾロンはちょっと意外でしたけども。

どちらかというと、ヴィオレの方がなんだかんだ目立っていたような。
2巻冒頭でのやり取りから、かなり好きなキャラだったので、
今巻、あんまり黒い方向に引っ張らないでくれて、ホッとしました。
まだ活躍の場はあるに違いない。
ひょっとすると百合方向かもしれないし。

そして娘っ子トリオのもう一人、サーシャは…想像以上に大きいのですな…。
そこまで大柄とは思わなんだ。いくらなんでも子ども時代と違いすぎないか…。
こういうもふもふキャラはまた渡瀬さんが好きそうなので、
後々、大活躍が見れるのでないかと。

好きそうといえば、もう一人。ヒューゲルさん。
やっぱり、じーちゃん出ましたねー。
白髭白髪は似合うけど、ホッホッホはちょっとどうかと思うような老騎士さんですが、
鉄槌かっこいいよ鉄槌。

対する悪役三人衆はかなりの噛ませ犬っぷりで、まぁ、仕方ないですかね。
特に炎の人。あのワルなセリフの数々は、そうかそっちのフラグだったか…。

バルマーズさんは、良いワル好々爺で見せ場もありましたけど、
最後でホークアイに全部持ってかれちゃいましたな。
あの踵落としは凄かった…。まさに誰だオマエ…。

主役であらせられるアルカイン殿は、またメチャクチャな事をしてくれやがりますが、
そこまでしてもまだまだ底が見えない…。
猫のクセに、猫を被りすぎじゃなかろうか。さすが主役。

最後に注目のフィノですが、今巻は空気でした。
ちょっと眸が怖かっただけで、過激な行動や言動はあまりなく。
姫様ともティアネスとも、あまりすれ違わなかったので。惜しい。

しかし、これはいつか爆発させるつもりなのかなぁ。
うっかりすると魔族という事にもなるのだろうか。
1巻での衝撃は忘れがたいですが、方向性がまだまだ見えない…。

そして、今巻のビックリドッキリ迷宮神群。
初出はスフとパナンゾロンですかね。

スフはその伝説まで出てきて感激しましたが、
魔導具としてはパッとしないですか。

パナンゾロンさんもパラムンとの被り具合でおぉ、という感じですが、
さほど目新しい能力でもないですし。
何故かあっさり負けちゃってますし。

神話の解読でシュラクがどうのこうのと出てきましたが、
あまり決定的な話にはならず。今後に期待という事で。

さて、次はエピローグに出てきたゴスロリさんとの戦いですかね。
かなり悪魔的な能力ですが、さてさてどうなる事やら。

それでは、また。


関連

輪環の魔導師 2

輪環の魔導師 1

空ノ鐘の響く惑星で 外伝

|

« 電撃文庫『メグとセロン 3』 | トップページ | 宙出版『となりの801ちゃん 3』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/41915359

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『輪環の魔導師 3』:

« 電撃文庫『メグとセロン 3』 | トップページ | 宙出版『となりの801ちゃん 3』 »