« 電撃文庫『藤堂家はカミガカリ 2』 | トップページ | 一迅社文庫『死図眼のイタカ』 »

電撃文庫『きみと歩くひだまりを 2』

志村一矢氏の完全新シリーズ2冊目。
学園、ファンタジー? というか、モンスターハンターものというか。

良くも悪くも1巻のまま。

なんか…ひたすら王道な場面を繋ぎ合わせた感じの割りに、
そんなに盛り上がるでもない、という不思議な話であります。

これがゆるい日常系の話なら、これで良いんでしょうけど、
いかんせんバトルがメインっぽいから、さほど盛り上がらないのはどうなんだろ。

全体的におかしな所も無いし、場面場面で見ると悪くないはずなのに。

2巻は「美月と南&愛原ペア」をくっつける話と、
「石神先生の過去話」の混交。

バニーガールの無意味さ、前巻の極悪キャラである朧の噛ませ犬っぷりは、
むしろ笑えばいいと思うのですが、
逆に石神先生の極強っぷりと、過去編が始まってしまう辺りには、
付いて行けなかった感が。

主人公君も強くなったらしいですが、いかんせん性根がヘタレで、
肝心な所で役に立たない物だから、ただのヘタレな訳ですよ。

それでいて、ひなたを泣かせ、美月の隣をキープし、
さらに南に言い寄られ、愛原に言い寄るという、
これはヘタレ主人公の王道ですな。

なんだか思い出すだに腹が立つ。

とにかく、一つ言える事は、ひなたをもっと出せ。
って事で。

それでは、また。


関連

きみと歩くひだまりを 1

|

« 電撃文庫『藤堂家はカミガカリ 2』 | トップページ | 一迅社文庫『死図眼のイタカ』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/41391067

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『きみと歩くひだまりを 2』:

« 電撃文庫『藤堂家はカミガカリ 2』 | トップページ | 一迅社文庫『死図眼のイタカ』 »