« 電撃文庫『タザリア王国物語 4』 | トップページ | 電撃文庫MAGAZINE Vol.2 »

C★NOVELS『〈本の姫〉は謳う 2』

深いファンタジー世界観に惹かれまくりのシリーズ2冊目。

3巻が発売したというのに、まだ2巻読んでないのはマズイ、
と申し訳なくなるくらいに1巻は面白かった。

世界観も設定もストーリー展開も大好物。

1巻からちょっと間が空いたので、ナナメに読み直したんですが…
…全然、ナナメ読みできない。
面白いよ! どこも読み飛ばせないよ!

とか、そんな褒め殺し。

さて、期待の2巻ですが、アンガスの過去話メイン。

アンガスの右目にあるスペルについて、
過去にあった悲劇と、現在起こってる事件、そして…。

という感じ。

聖域でのお話ともようやく被ってきて、
さぁ、盛り上がってまいりました! な所で締められちゃいましたけど。

そんな訳で、アンガスとセラが大活躍。

アンガスの過去は、そのまま直接今のエピソードに入っていったので、
重い話の割りにさらっと流れた感じ。
新しい燃料がなかなか凄絶でした…。

セラはプロローグでの出し惜しみっぷりから、
もう少し活躍は後かとも思っていたのですが、きっちり後半でヒロイン役ゲット。
しかし、なんというベタ惚れ…。

1巻ではロリっ娘役にしか見えなかったので、油断してました。
でも、「ですわ」は予想外過ぎた。あれ、そっち?

こうなると、この巻でちょっと控え目だった姫が心配。
その正体の件もありますが、なかなか微妙な立ち位置に。
アンガスの過去は明かされましたが、姫との出会いはまだ描かれていないので(?)
そこがアドバンテージになるかどうか。

聖域の話でもそうですが、主人公がヘタレなようでいて、
気持ちが意外と素直に表現されるので、どこか新鮮。

そういえば、今巻で周期表な話が出てきましたが、
煌夜祭での原子モデルといい、この人って化学系の方なんですかね?

さーて、3巻買いに行こう。

それでは、また。


関連

〈本の姫〉は謳う 1

C★N25

|

« 電撃文庫『タザリア王国物語 4』 | トップページ | 電撃文庫MAGAZINE Vol.2 »

10_その他」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

うっわまたまた面白そうな本が・・・!!
まだ3巻しか出てないとか買い時じゃないですか!!←
すごい惹かれます!!
どーしよー←

前回のコメ掘り返しちゃいます←
きづいたら本ってぽんぽん増えてますよね~
1冊でも多く本棚に入れるために半日かけて整理したことありますw
確かに趣味としては安い方ですよね~
楽器とか死にそうに高いですもん↓

投稿: まる | 2008年6月28日 (土) 21時27分

このシリーズは、作者予定では4巻で完結だそうで。

濃ゆい世界観ではありますが、何しろテンポが良いので、読み易いと思います。
1巻の1章くらいを読んでみて、キタ! と思ったら、是非。

投稿: サトロ(管理人) | 2008年6月29日 (日) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/41670569

この記事へのトラックバック一覧です: C★NOVELS『〈本の姫〉は謳う 2』:

« 電撃文庫『タザリア王国物語 4』 | トップページ | 電撃文庫MAGAZINE Vol.2 »