« ソフトバンククリエイティブ『Pieces of the World ―椋本夏夜画集―』 | トップページ | 電撃文庫『狼と香辛料 8』 »

ソフトバンククリエイティブ『銀宵亭夜曲』

椋本夏夜さんのイラストストーリー。

GAグラフィックが出来たばっかの頃にコンテンツの柱として、
Web連載やってた…ような記憶が。

と言うか、気が付いた時には連載はもう終わってて、
夏コミだかに本で出すよ! とかの告知が出てまして。

あの頃はまだ清純派だったものですから、
こりゃ無理だー、とかスッパリ諦めて、普通に読書生活を送っていた、

…のですが。

この度、復刊ドットコムの協力もあり、復刊と相成った訳です。
すげぇ、復刊ドットコムってホントに復刊するんだ!

その情報を得た瞬間、復刊ドットコムに登録して注文したのですが、
その後、ショップ特典に釣られて店頭販売品を買い、
注文したらキャンセルできないという復刊ドットコムからの商品を受け取り、
さて、これは布教用にするべきなのか、保管用にするべきなのか。

内容はと言うと、件のイラストストーリーと設定資料、
そしてアナザーストーリーって事で大西科学氏の短編が載ってます。

本編のあらすじは、4人のチビ娘とマスターの営む喫茶店に、
一人の行き倒れ青年が迷い込んで世話になることになり、
その青年とチビ娘達がお菓子作ったり、本を読んだりする、のんびりストーリー。

当然のように4人のチビ娘は訳有りで、ただでは終わらないのですが、
ある意味余談に過ぎないです。

むしろ、ちょっと投げっ放し過ぎないかとも思ったくらいで。
まぁ、そこはやっぱり小説とは違うという事で。
その曖昧さ加減含めて、優しいお話なのかな、とか。

でもやっぱりお別れは寂しい。

短編小説の方は、これがまた難しい。

しゃべる猫(っぽい何か)が航海中の船の中をうろちょろする話で、
4人のチビ娘達も出てくるんですが…
さて、これを本編と結びつけようとすると、どうなるんだろう?

アナザーストーリーなんで、関連性は有る様な無い様なってのが正しいんですが、
こういう話なので結びつけてちょっとでも分かった気になりたい所。

最初はメトリオがフレドの子供か何かかと思ったりもしたんですが、
目的地がアレだけど、でもここに4人が居て…えーと?

タダの船では無さそうだから、宙間航行かとも思ったですが、
もしかしたら次元航行とかそっちだろうか?
やっぱり良く分からない訳ですが。

という訳で(?)、夏夜さんには悪いですが、
お気に入りはウィステリアなのです。銀髪紫瞳無口っ娘!

次いで、出番無いけどエスト。
ビジュアル的に。リボンが可愛い。
本編では臙脂色っぽいリボンばっかですが、
私はケースイラストの青のリボンが好き。

しかし…やっぱ昔の作品だから本編のと比べると4人娘は大分違いますなぁ。

あ、あと夏夜さんが画集の方でチラリと言及してましたが、
この本の表紙はスゴイ神がかってる。

これは瞳閉じてるべき。間違いない。作品的に考えて。

もし、他のお話があるんだったら見てみたいですね。
今ならコミケにだって行けるし!

それでは、また。


関連

Pieces of the World ―椋本夏夜画集―

|

« ソフトバンククリエイティブ『Pieces of the World ―椋本夏夜画集―』 | トップページ | 電撃文庫『狼と香辛料 8』 »

10_その他」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/41251530

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンククリエイティブ『銀宵亭夜曲』:

« ソフトバンククリエイティブ『Pieces of the World ―椋本夏夜画集―』 | トップページ | 電撃文庫『狼と香辛料 8』 »