« 電撃文庫『メグとセロン 2』 | トップページ | ソフトバンククリエイティブ『Pieces of the World ―椋本夏夜画集―』 »

富士見ファンタジア文庫『生徒会の二心』

生徒会室で駄弁るだけのゆるギャグ小説。
早々と2巻目です。

ネット人気も相変わらず。
某とらでやってたフェアのしおりもコイツだけ無かったですよ。

まったくもって相変わらず。
冒険しても反省しても仕事しても休憩しても勉強しても変わらない。

2巻になっても生徒会室で駄弁る以外無し。
生徒会存続のピンチもサラッと通り抜けましたし。

新キャラ増えるとは思いませんでしたが、
役割的に今の所は予想通りなので、可も無く不可も無くという感じ。

知弦さん回は、さすがに思ってたような話じゃなくて、
面食らいましたですね。
アカちゃんだってのは…まぁ、見え透いてましたけど。

ただ、シリアス話のアレよりは、
冒険する~でのいじられ知弦さんのが、面白かったですね。
イラスト効果もあり、今巻の見所の一つ。

個人的には真冬ちゃんのひざ抱え絵が、なんだかグッと来ました。
「真冬しか使わないでクリア!」に感動しました。そこまで言うか。

というか、この人ちゃんと「ぱんつはいてる絵」も描けるんだ…。
そういう意味でも感動しました。

真冬ちゃんといえば、殺人マシーンも面白かったですけど。
影響されやすい娘って便利だなぁ。

会長はウザさとスゴさがごちゃ混ぜで、なんとも言えない。
ただ、あまりにいろいろと18禁妄想でいじられ過ぎて、
ロリ会長という属性が今ひとつピンと来ない。残念。

深夏のツインテというのにもピンと来ないのですが。
コイツはイラストが無さ過ぎて。

次巻は深夏ですかね。順番的には。
また真冬が出しゃばる可能性も、結構あるような気もしますが。

それでは、また。


関連

生徒会の一存

|

« 電撃文庫『メグとセロン 2』 | トップページ | ソフトバンククリエイティブ『Pieces of the World ―椋本夏夜画集―』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/41220020

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『生徒会の二心』:

« 電撃文庫『メグとセロン 2』 | トップページ | ソフトバンククリエイティブ『Pieces of the World ―椋本夏夜画集―』 »