« 電撃文庫『とらドラ7!』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 7』 »

電撃文庫『C3 -シーキューブ- 3』

このオビのギリギリズムは狙ってるんだろうなぁ…やっぱ。
ってか、ちょっと曲げたらアウトってのは、ギリギリセーフに入るのか?

そんな真理探究に思わず耽ってしまう表紙でお馴染みの、
「灰」水瀬作品、シリーズ3冊目。

適度の草かんむり明るいと、適度のエ○と、適度の鬱がいい感じ。

もしかしたら言ってはいけない事なのかもしれませんが、
運命の「シリーズ3冊目」です。

…ま、結構、好調のようで大丈夫っぽいですが。

3巻は、噂のあの黒絵が帰ってきて、
ついでにくっついて来たトラブルでゴタゴタする話。

と言うと、もちろん黒絵がメインなのかと思いきや、
表紙をめくると、そこにはいんちょーさんが。

裏表紙も「馬鹿げているっ!!」ですし。おや?

そう、黒絵を中心に話は動いて行くんですが、
キーマンとなるのは、いんちょーさんなのです!

覚えているだろうか、あの1巻のすわ鬱展開キタコレ! の、
いんちょーさんインパクトを。

あれだけの事をしつつ、しかし2巻ではあまり活躍がなく、
意味不明なキャラになってしまっていたいいんちょーさんを。

2巻での大人しさは、この3巻での大逆転ホームランの前兆だったんだよ!

って事で、いんちょーさん大活躍。
フラグ立てるわ、秘密明かすわ、大立ち回るわ、
それはそれは、大盤振る舞いですな。

数少ない人間キャラってのも、ポイント高いですね?
そもそも、いんちょーさんって事にポイントをつけるべき?

という訳で、黒絵は私が貰っていきますね。

チ○っ娘、しょく○ゅ、天然と、いろんな需要に応えるべく出てきた感じですが、
とりあえず、髪の毛から精気を吸う図に心打たれた!
この表情はヤバイ!

これからのコメディ部で、このキャラは絶対活躍する!
非常に楽しみであります。

そしてさり気なく白穂がとてもユニークだったですな。

微妙にシリアスな場面なのに、堂々と切り込んで行く様がカッコいい。
そして、ノリノリの後の間がすごい。
変な役割与えられてるなぁ…。

さて…次、はいつかなぁ。楽しみだなぁ。

…ハガキ送るか。

それでは、また。

いいんちょーさんでは無く、いんちょーさんだと聞いたので、こっそり訂正


関連

C3 -シーキューブ- 2

C3 -シーキューブ- 1

ぼくと魔女式アポカリプス 3

|

« 電撃文庫『とらドラ7!』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 7』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/40918894

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 3』:

« 電撃文庫『とらドラ7!』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 7』 »