« ガガガ文庫『ハヤテのごとく! 2』 | トップページ | メディアワークス『電撃h&p(はじまり&ピリオド)』 »

MF文庫J『ねくろま4。』

若干、暴走気味になってきました平坂読式純愛ラブコメ。

暴走気味ってか、暴走そのもの?

ここまで突き抜けるとは正直、思ってませんでした。
というか、こっちに突き抜けるとは…。

そんな訳で、全裸系健康優良ラブコメ4冊目です。

「スケスケ」とかって、ぼかすのも止めてしまいましたな。
健康優良だから直球でもいいよね! って事かしら。

3巻でなんだか重要っぽい人が出てきたような気がしたが、
4巻冒頭でどうでもよくなったぜ!

って事で、ストーリーはなんかどうでもよくなってきました。
…今までもあんまり重要視してない気もしますが。

とりあえず、クライマックス直前だからなのか、
今巻はアホな話が2編だけで、バトル話は無し。

つまり2本のバカ話と1本のシリアス話から、シリアス話を抜く。
そうすると、どうなるか…。

こ れ は ヒ ド イ ! (良 い 意 味 で)

ファンタジー的2大全裸手段とでも言いますか。
それの両方を使って、繰り広げられる地獄(?)絵図。

まさに魔王!

鬱憤が溜まっているのは、ソリス君なのか平坂さんなのか。
それが問題ですな。

・魔王覚醒
あらすじに書かれている方の話。
「吹き飛ばす」方の話。

メイと前巻の3メイドが…また何と言う…。
ソリス君の暴走は実にアホだった。サングラス似合い過ぎ。

メイの全○シーンは手でガードされてるのでギリギリセーフ。

・ペット自慢大会
あらすじに書かれてない方の話。
「溶かす」方の話。

やっぱりメイと、そしてキャロル嬢がここで活躍。
ソリス君の暴走は、突然すぎてびっくりした。バスタオルは予想外。

メイの○裸シーンは粘液でガードされてるのでギリギリセーf…

って、んな訳あるか! 完全にアウトです。あちゃー。
不透明なものでガードしてもそれはガードになり得ない事を知るべき。

しかし、メイが強すぎてそれどころじゃなかった。

・エピローグ
プロローグ的に普通にバトるかと思っていたので、この展開は予想外。
ここからクライマックスとか言われても。

それでは、また。


関連

ねくろま3。

ねくろま2。

ねくろま。

|

« ガガガ文庫『ハヤテのごとく! 2』 | トップページ | メディアワークス『電撃h&p(はじまり&ピリオド)』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/40778109

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『ねくろま4。』:

« ガガガ文庫『ハヤテのごとく! 2』 | トップページ | メディアワークス『電撃h&p(はじまり&ピリオド)』 »